好きな人に自分の存在を意識して、ドキドキしてほしいと思う女性は多いはず。

お互いの気持ちが同じペースで盛り上がっていけば、交際に発展する可能性も高まるでしょう。

そこで今回は、気になる男性に好意を匂わせて、自分の存在を意識させるテクニックを3つご紹介します。

好意を匂わせて!男性が意識せずにはいられなくなる3つの言動

積極的に話しかける

「いつも話しかけてくれる女性のことは、つい意識しちゃいますね。
最近仲のいい子が、俺を見つけて笑顔で駆け寄ってきたんです。
うれしそうに話しかけてくれた姿がとくに印象に残っていて、更に意識するようになりました」(22歳男性/学生)

進んで女性に話しかけることの少ない男性は、積極的に話しかけてくれる女性を意識する傾向にあります。

彼はあなたの態度に自分への興味や好意を感じ、「今日も話しかけてくれるかな」と期待しているかも。

向こうから話しかけられないからと言って不安にならず、楽しい会話ができているなら迷わずアプローチを重ねましょう。

さりげなく特別扱い

「職場の女性にお土産をもらったとき、『○○くんだけ違うものなの』って小声で言われた。
そのときはビックリして『えっ』としか言えなかったけど、そこから意識しはじめましたね」(24歳男性/商社)

特別扱いを知った瞬間に、相手の女性のことが気になり始める男性も少なくありません。

彼の好みに合ったお土産をみんなとは別に用意して、2人きりのタイミングでこっそり渡してあげてみてください。

そこで「○○くんだけ特別ね」と添えれば、彼の心をグッとつかめるはず。

彼の存在を肯定する

「『○○くんがいると楽しい』とか、『いてくれてよかった』と言われたときから、『え、それって好きってこと?』と意識しはじめました。
もうちょっと仲良くなれたら告白してみるつもりです」(24歳男性/金融)

「○○くんがいると~」というセリフには、「自分の存在が特別なものと認識されている」ように感じる男性が多いです。

改まって言うのが恥ずかしい人は、彼が手助けしてくれたときに「○○くんのおかげで助かったよ、ありがとう」と言ってみるのがおすすめ。

この一言があるだけで、彼のあなたに対する認識はガラッと変わります。

特別感をきっかけに好意を感じさせ、意識せずにはいられない存在になりましょう。

特別感を与えて惹きつける

普段のふるまいに少し工夫を加えるだけでも、気になる男性が抱く印象は大きく変わってくるもの。

ポイントは、あなたの中で彼の存在が特別であることを、間接的にアピールすること。

初めは「なんか気になる」程度だった彼も、次第にあなたに夢中になってくるかもしれませんよ。

(かりん/ライター)

(愛カツ編集部)