整った容姿で初対面の相手に好印象を与えられても、それだけで幸せな恋愛につながるとは限りません。

彼氏から一途に愛してもらうためには、内面の魅力が必要不可欠なのです。

そこで今回は、男性に溺愛される彼女になるためのポイントを3つご紹介します。

容姿よりも重要!彼氏に溺愛される女性に共通する3つのポイント

気を遣わずに接することができる

「なんでも1人でできる完璧な女性は、高嶺の花なので付き合おうとは思わないですね。
彼女は飾りすぎていない気さくなタイプで、一緒にいて幸せを感じられます」(33歳男性/金融)

2人で過ごす時間の心地よさは、男性に「ずっと一緒にいたい」と思われるかを大きく左右する点です。

無理に自分のいいところだけを見せようとしたり、謙遜しすぎたりせずに、素の姿をさらけ出した方が親近感を高められるはず。

相手の男性も背伸びする必要がなければ、2人の時間をより楽しめるでしょう。

どんな話題でも興味を示す

「彼氏に溺愛されている友達はすごく聞き上手で、私のマイナーな趣味の話にも、ニコニコ付き合ってくれるんです。
こんなに明るくて優しい子は、手放したくなくて当然って思います」(27歳女性/教育)

興味のない話題を前にすると、自分が思っている以上に態度が変わる人は少なくありません。

相づちが雑になったり、すぐに話題を変えようとしたりされると、男性は遠回しに自分を否定されたと感じるかも。

裏を返せば、よく知らない話にも興味を持って耳を傾けられる女性は、それだけで相手の心をつかむことがあるのです。

気持ちよく会話をさせてもらえるなら、「また会いたい」と強く思うのも当然と言えます。

急に態度が変わらない

「おっとり系の元カノが、ケンカになってキャラが変わったときは、だいぶショックでした……。
どれが本当の彼女かわからなくて、不安で別れましたね。
いまの彼女は、冷静に話し合いができるので自分をさらけ出せています」(31歳男性/通信)

怒ると手が付けられなくなったり、急に豹変して言葉遣いが乱暴になったりする女性は、信用できないと思われて距離を置かれがち。

仮に仲直りできても、彼氏の中に生まれた複雑な思いはそうそう消えません。

また、相手と落ち着いて話し合うことができないと分かっていたら、自分の考えを打ち明けなくなる男性も多いでしょう。

どんなときも冷静に、お互いに向き合い姿勢を保つことが大切ですよ。

2人でいる時間を心地よいものに

彼氏に溺愛される女性は、一緒にいる相手に余計な不安やストレスを与えないもの。

その基本は素直な感情表現と、ポジティブな思考を心掛けることと言えます。

大好きな彼と過ごす時間を楽しむことに意識を向けて、素敵な関係を築いてくださいね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)