大好きな男性との関係性が、恋人から夫婦へと変われば、お互いの行動に変化が生じるのは当然と言えます。

結婚直後の盛り上がった気分が落ち着いてくると、よくも悪くもこの変化に目が向くようになるでしょう。

そこで今回は、結婚後の男性の姿を、星座別に占いました。

前編に引き続き、今回はてんびん座(9/23~10/23)~うお座(2/19~3/20)をご紹介します。

【後編】男性の星座別!結婚した彼に起こる態度の変化って?

てんびん座(9/23~10/23)

てんびん座の男性は、結婚後もラブラブな雰囲気を保ちたいタイプ。

ただ、いい雰囲気のレストランに行ったり、プレゼントを贈り合ったりしたがる一方で、彼の交友関係の広さが夫婦不和の原因になりやすいようです。

彼の社交性は交際前から分かっていたことなので、寛容さを保つことが重要だと言えます。

さそり座(10/24~11/21)

大好きなパートナーに一途な愛情を注ぐところがある、さそり座の男性。

家族を裏切らないいい夫になる可能性が高いのですが、あまりの勤勉さから仕事に執着し始めることも。

仕事を頑張る姿に感謝の念を抱ければ、良好な関係を維持できるはずです。

いて座(11/22~12/21)

いて座の男性は、自由なありかたを好み、結婚をきっかけに自分を変えようとしない傾向にあります。

また、自分が変わらないことを外にアピールするので、彼の人気の高さに妻としては心配が尽きなさそう。

結婚後もほかの女性への興味が薄れないことは、頭に入れておいた方がいいでしょう。

やぎ座(12/22~1/19)

結婚するとそれまで以上に堅実になり、仕事にも意欲的になりがちな、やぎ座の男性。

具体的な人生設計を積み重ねるのですが、自分にも他人にも厳しい部分が家族にも向き、とくに「妻としてあるべき姿」の要求が強いのだとか。

正論でもある理想の押し付けを、ときには受け入れることが必要かもしれません。

みずがめ座(1/20~2/18)

みずがめ座の男性は、独特な感性を持ちながらも理屈っぽい一面があります。

自分の趣味や交友関係に熱中しがちで、妻の不満には理詰めで返す可能性も低くないです。

ある程度は彼を自由にさせて、口出ししないことがカギになるよう。

うお座(2/19~3/20)

いつまでも恋人気分を望むところがある、うお座の男性。

結婚後は甘えたがり度合いが増して、気分屋の面が強くなり、幼い言動が増えそう。

夫婦の主導権を女性が握って、ほめて伸ばすようにすると、良好な関係を保てるはず。

予め把握して心の準備を

結婚という関係性の変化を経て、男性の態度が変わることは珍しくありません。

大切なのは、変わった後の彼にも同じように愛情を注ぎ、2人が心地よく過ごせる工夫を重ねること。

だからこそ、前準備として相手の本質を知っておくことで、幸せな結婚生活につながりやすくなるのです。

(馴紫月/占い師)

(愛カツ編集部)