小さな違和感や不調が、大きな疾患につながってしまうものです。

星座の特徴から、無理をせずに休んだほうがいいときのサインや、ありがちな不調のサインを占います。

まずは前編として、おひつじ座(3/21〜4/19)〜おとめ座(8/23〜9/22)のご紹介です!

【前編】12星座別・休んだほうがいいときのサイン

おひつじ座(3/21~4/19)

【小さなケガが多くなる】

おひつじ座は、ケガが多いという暗示を持つ星座です。

紙で指先を切ってしまったり、靴ずれしたり、吹き出物をかき壊したり。

そんな小さなケガが多くなったら、休んだほうがいいサイン。

忙しくても無理をして、ついケガが多くなっている証拠です。

おうし座(4/20~5/20)

【首と腰が痛くなる】

首と腰が痛いと思ったら、休んだほうがいいサインです。

おうし座は辛抱強く、集中力のある星座ですが、鈍感であるともいえます。

長い時間、集中して仕事などができるのですが、集中しすぎて身体が痛いのに気づかないこともありそう。

ふたご座(5/21~6/21)

【健康食品や運動グッズが増えている】

サプリメントなどの健康食品やダンベルなどの運動グッズが、いつのまにか増えている。

これが休んだほうがいいときのサインです。

小さな不調を感じるたびに、それに対応したモノを買ってしまいがち。

モノの数だけ、不調が増えている証拠です。

かに座(6/22~7/22)

【頭痛がひどく感じる】

人に気を使うかに座は、頭痛で悩まされたら、休んだほうがいいときです。

それは、きっと緊張性の頭痛。

思うように成果が出ないと知らず知らず焦ってしまいますし、身近な人の機嫌が悪くても緊張を強いられるでしょう。

1人の時間を作ることも大切ですよ。

しし座(7/23~8/22)

【八つ当たりしがちになる】

怒りっぽくなったと感じたら、休んだほうがいいサインです。

その怒りの原因は、小さなストレスでしょう。

しし座の場合、上手なストレス解消法を知らないため、イライラがつのり、まわりに八つ当たりをしてしまうことが多いでしょう。

おとめ座(8/23~9/22)

【体重が増えたとき】

休んだほうがいいサインは、体重が増えたときです。

1~2キロの誤差範囲以上のオーバーが目安でしょう。

自炊が苦でないタイプなのに外食が続き、気づかないうちに体重オーバーしているのは、余裕がないから。

外食の翌日は質素な食事にするなど、コントロールして。

無理しすぎないで!

自分のことだと、具合が悪いのに意外に気づかなかったり「まあいいか」と見過ごしたりすることが多いもの。

健康運アップのためにも、しっかり意識しておきましょう。

ぜひ参考にしてくださいね!

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)

●てんびん座〜うお座の休んだほうがいいときのサインって?