誰しも好きな人とLINEしていれば、早く確実に返信がほしいと思うもの。

じつは、メッセージの内容や送り方次第で、男性の返信を促すこともできるのです。

そこで今回は、男性がつい返信したくなるLINEのテクニックを3つご紹介します。

気になって仕方ない!男性が思わず返信してしまうLINEの3つのコツ

いつもと違うテンション

「普段はふざけたスタンプばかり使う女友達から、突然文字だけで『いま、なにしてる?』ってきたんです。
いつもと雰囲気が違うから、妙に心配になって、すぐに返信しちゃいました」(27歳男性/航空会社)

LINEでスタンプや絵文字を多用し、会話を盛り上げようとする人もいると思います。

でも、気になる男性に確実に返してほしいときは、普段と違うLINEをすることがポイントです。

とくに効果的なのが、文字だけのメッセージを送ること。

いつもと違う文面に、彼はあなたの状態が気になって仕方なくなるはず。

具体的な提案

「高校からの女友達とは、いつもお互いに気を遣わずにLINEしているんですけど、この前『今度、遊びに行かない?』ってLINEが来たんです。
自分と遊びたいって思ってくれてることもうれしかったので、すぐ『行こうぜ!』って返信しちゃいました」(26歳男性/システムエンジニア)

返信をもらうための基本は、相手が返しやすくなる工夫をすることでしょう。

「今日○○に行った」などの報告よりも、質問やリクエストの方が返答しやすいものですが、より具体性を持たせるのがコツ。

たとえば「いつか、一緒にランチ行きたいな」ではなく、「来週ランチしない?新しくできたフレンチのお店に行ってみたい」といった形で具体的な提案を添えてみてください。

思わず聞いてしまうボイスメッセージ

「女友達からのLINEの通知が来てたのでチェックしたら、まさかのボイスメッセージで。
電車に乗ってたから、イヤホンを着けて再生したら『今日、暇してるんだけど』って一言だけ(笑)
『なんだよ、これ!マジやられたわ』ってすぐ返しました」(28歳男性/保険会社)

普段使う機会の少ないボイスメッセージ機能は、それだけで相手を驚かせられるもの。

とりあえず内容を確認して、返信せざるを得ない状況に相手を追い込むでしょう。

とはいえ、ひんぱんに使っていると効果が薄れていくテクニックなので、奥の手として取っておくことをおすすめします。

返さずにはいられないLINEを

好きな人から返信を引き出すためには、相手の感情を揺さぶることが重要と言えます。

少しだけ不安感を与えたり、積極的にリアクションできるように驚かせたりと、そのやり方は様々です。

ポジティブに「返したい!」と思ってもらえるテクニックを駆使して、彼との仲を深めてくださいね。

(愛カツ編集部)