せっかく好きな人と付き合えたのに、マンネリになったり別れたりして関係が終わるのは避けたいもの。

じつは、カップルの別れの原因となるのは、大きなケンカや価値観の相違だけではないのです。

そこで今回は、男性が彼女との別れを考えるきっかけを4つご紹介します。

小さなすれ違いが溝を生む…男性が彼女との別れを意識する4つのきっかけ

時間を割きたくなくなった

彼女への愛情の薄れは、「彼女のために時間を割くのが面倒」という形で自覚されることがあります。

デートのために予定を空けるのがもったいなく感じたり、LINEをするのが無駄な時間に思えたり……。

こうなると、男性が別れを考えるのは当然とも言えるでしょう。

明らかに連絡の頻度やデートの回数が落ちたときは、彼からの「別れたい」のサインである可能性があります。

彼女の愛が圧に感じられた

2人の熱量に差があると感じたとき、彼女の愛が急に耐え難くなるという男性もいるのだとか。

付き合いが長くなれば、次第に結婚を意識することもあるはず。

そのタイミングで、彼女の圧が強いと思い、さらに好意自体が薄れてくれば、男性は距離を置こうとします。

強すぎる愛がプレッシャーになっているなら、少しセーブして歩調を合わせることを意識してみてください。

一緒にいることに魅力を感じなくなった

2人で過ごすことへの「楽しくない」「やることがない」という感覚は、別れを意識するきっかけとなるよう。

付き合いたての頃は、どんな会話も楽しめたはずが、いまは一緒にいても気分が盛り上がらない。

2人の関係が落ち着いて慣れてきた証拠だとしても、このギャップを感じるようになったなら、一度関係を見つめ直してみた方がいいかも。

お互いの要望をすり合わせて、2人で一緒に楽しめる工夫をすれば、もう一度関係を深められる可能性はありますよ。

愛情が薄れたと感じた

男性は、ずっと好きだったはずの彼女にイライラする瞬間が増えると、自分の愛情が薄れてきたように思うもの。

これが進むと、「彼女と別れた方がいいのかも」という考えにいたります。

彼女を女性として意識せず、義務感で付き合うようになったり、ほかの女性に魅力を感じはじめたりすることも。

そのような状態で交際を続けられても、女性側にとっても負担になるだけでしょう。

彼の言動から思いやりや優しさが抜けたように感じたら、距離を置いたり別れを考えたりするタイミングと言えます。

早く気付けば修復も可能

男性が彼女との別れを意識するのは、決定的な溝が生まれた瞬間だけではないようです。

日常定期に小さなすれ違いを繰り返していると、ある日突然「別れよう」となる可能性は大いにあります。

早い段階でその予兆を見抜いて、2人にとってよりよい方向へ進んでくださいね。

(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)