結婚生活においては、夫婦が互いに協力し、助け合うことが必要不可欠です。

恋愛とはまた違う関係性を築く以上、「彼女にしたい女性」と「結婚したい女性」では、男性が求めるものも変わってきます。

そこで今回は、男性が真剣に結婚を考える女性の特徴を3つご紹介します。

彼女とは求めるものが違う!男性が真剣に「結婚したい」と思う女性の3つの特徴

こだわりはあっても執着していない

誰しも恋愛や結婚について、なにかしらの憧れやこだわりを持っていることでしょう。

「専業主婦になりたい」「家事は女性がするから男性は外で稼ぐべき」など、理想を持つこと自体に問題はありません。

しかし、それに対するこだわりが「執着」のレベルまで強い女性を前にすると、結婚をためらう男性もいるのです。

家事の分担や仕事への向き合い方、子どもを産む時期に両親の介護など、「〇〇でなきゃダメ」という思考は大きな衝突の原因になりがち。

予期せぬトラブルで思った通りに行かなくても、その都度柔軟に対応できる女性こそ、男性が安心して将来を考えられる存在と言えます。

弱い部分を見せられる

基本的には、結婚を機に、2人はそれまでよりも長い時間を共有するようになるもの。

その中には、普段頼りになる姿を保っている男性が、疲れ切って弱音を吐いたり甘えたりしたくなる瞬間もあるはず。

そこで「この人には自分の弱みを見せられる」と彼が思えるかどうかが、結婚生活の長続きのカギを握ります。

男性がストレスを溜めずに暮らしていけるのは、自分の軸をしっかり持っていて、適度に前向きな女性でしょう。

自分を支えてくれる瞬間があると分かっているから、「ずっと一緒にいたい」と思って大切にしてくれるのです。

自立している

結婚生活について、「俺が家庭を守らなきゃ」と責任を感じる男性は少なくありません。

でも、つねに気を張ってリラックスできる時間がないままでは、どこかで限界を迎えてしまいます。

そのため、男性が結婚に前向きになれるのは、「2人で」家庭を守っていけそうな女性です。

そして、彼がそう判断する根拠となるのが、自分のことは自分でこなせる「自立した姿」なのだとか。

お互いに支え合うことができるなら、確かな信頼関係を築いていけますよ。

2人で過ごす時間を楽しんで

結婚相手として好きな人に選ばれるためには、彼を必要として、また彼と過ごす時間が幸せであると表現できることがなによりも大切です。

自分を魅力的に見せることに集中しすぎて、2人でいる間の表情がこわばらないよう、適度に力を抜いていきましょう。

完璧を目指しすぎず、お互いの苦手を補い合えるパートナーを目指してくださいね。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)