どんなに仲のいいカップルでも、長く一緒にいれば、すれ違いや険悪な空気を多少なりとも経験するでしょう。

けれど、そこで不満の伝え方を間違えると、後悔する結末に至ることも考えられます。

そこで今回は、別れを近づけるケンカの仕方を4つご紹介します。

別れを近づける可能性大…彼氏とのケンカでやってはいけない4つのこと

相手の言動を決めつける

「〇〇するべきでしょ!」「どうして〇〇できないの?」など、相手の行動について決めつける発言は、言われた側に否定された感覚を与えるもの。

好きな人から注意するでも諭すでもなく、意見を押し付けるように否定されれば、誰だった悲しい気持ちになるでしょう。

相手がどんな考えを持っているかを把握し、自分の考えをすり合わせる意識を保つことが、ケンカを穏便に終わらせるコツですよ。

不機嫌を切り替えない

険悪な雰囲気からケンカに至ることを避けられなくても、ケンカした後の対応次第で関係を修復することは可能です。

重要なのは、気持ちを切り替えて攻撃的な態度を長引かせないこと。

恋人がいつまでも不機嫌な状態でいれば、重苦しい空気が流れつづけ、お互いに居心地が悪くなるは当然と言えます。

ケンカから時間が経つほど、意地を張って仲直りしにくくなるので、「その日の内には謝る」などのルールを定めておくのもおすすめです。

過去の不満を蒸し返す

ケンカ中にカッとなって「あのときも〇〇だったじゃん!」と、過去の不満を持ち出す女性は多いかもしれません。

しかし、これをしてしまうと話の内容がごちゃ混ぜになってしまい、解決すべき問題を見失いがちに。

根本的なすれ違いを解消できなければ、同じ問題で何度もケンカを繰り返し、また男性がやり取り自体を面倒に思う可能性もあります。

2人の間で生まれた不満は、その都度解消するように心がけ、また一度片付けたものを蒸し返さないように意識しましょう。

極端な発言が多い

頭に血が上ると、極端な考えが浮かびやすくなることは、珍しくありません。

しかし、実際に「私たち別れたほうがいいかもね」「全部私が悪いんでしょ」などと言ってしまえば、男性にとってのお手上げ状態です。

相手が同じような極端なことを言い出すタイプなら、勢いで別れを決める場合もあります。

またそうでなくても、一足飛びに別れを口走る彼女に嫌気がさし、結局破局に進んでいくことだって考えられるのです。

日頃から自分が言おうとしたことの意味を考える時間を作って、自分の発言に公開する可能性を減らしてくださいね。

「2人のこれから」のためのケンカに

好きな人と一緒にいるのに、不満を溜めこむのはよくないことです。

と言っても、怒りをただぶつけるだけでも、事態がいい方向に進むことはありません。

2人の関係をよりよくするための衝突としてケンカを捉え、愛情を深めて終われるように工夫していきましょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)