異性と付き合うことに対する認識やハードルは人それぞれです。

当然、心から「付き合いたい」と思った人を前にすれば、ほかの人にかけるのとは違った言葉が出てくるもの。

そこで今回は、男性の星座別に、本命の女性だけに言うセリフを占いました。

前編に引き続き、てんびん座(9/23~10/23)~うお座(2/19~3/20)をご紹介します。

【後編】男性の星座別!心から付き合いたい本命の女性だけに言うセリフ

てんびん座(9/23~10/23)

てんびん座の男性は、恋愛上手で女性の扱いにも長けている傾向にあります。

また、自分のセンスのよさを自覚しているため、感性を近い女性を理想とするよう。

そのため、本気で付き合いたいと思った女性には、「きれいだね」「いいね」「面白いね」といったほめ言葉を真面目に投げかけるはずです。

さそり座(10/24~11/21)

人付き合いに関して用心深いところがある、さそり座の男性。

彼が「いまなにしてるの?」と聞いてきたら、相手のことがかなり気になっている状態なのだとか。

四六時中彼女のことを考えており、近況を知りたいと心から思っているのでしょう。

いて座(11/22~12/21)

いて座の男性は、恋のハンターというべきタイプ。

興味を持ったら気軽に「付き合う?」と言い、相手がその気になった頃には満足して離れていくという、女性泣かせな部分があるみたい。

しかし、本当に好きな女性に対しては、ことあるごとに「大丈夫?」と気遣いをする可能性が高いです。

やぎ座(12/22~1/19)

交際開始まで真面目に段階を踏もうとしがちな、やぎ座の男性。

「相手に負担をかけない」が大前提にあり、強引な誘い方をしないどころか、女性側の金銭的負担さえも取り除こうとしそうです。

「ランチの招待券があるんだけど食べに行かない?」「○○の券を2枚もらったから行かない?」と誘ってくるかもしれません。

みずがめ座(1/20~2/18)

みずがめ座の男性は、自分の興味の優先度が高く、恋愛を「面倒なもの」と捉える一面があります。

けれど、そんな彼も心から好きな女性には、思わず「好きかも」「好きになったみたい」と口にしてしまうようです。

自分でもはっきりしない心情が、ポロっと口から出てくるのだと言えます。

うお座(2/19~3/20)

恥ずかしがり屋で恋愛体質な傾向が強い、うお座の男性。

好意を寄せる女性には、ストレートに「好きです。付き合ってください」と言いたいと思っているみたい。

しかし、その前に自分の気持ちを伝えたくなって、控えめだけれど強引さも感じる「好きになっていい?」が飛び出すのでしょう。

本気の一言を見逃さないで

好意を寄せる相手にかける一言には、その人が恋愛において大事にしているものが反映されるもの。

彼の強い興味や好意を読み取ることができれば、より理想に近い存在になることも、こちらから好意を返すこともできるはず。

気になる男性の本気を見抜いて、素敵な恋を手にしてくださいね。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)

【前編】男性の星座別!心から付き合いたい本命の女性だけに言うセリフ