彼氏が自分のことを本当に愛しているのか、彼がかけてくれる愛の言葉だけでは、不安がぬぐい切れないこともあると思います。

そんなときは、彼の言葉ではなく行動に注目して、本心を見抜いてみましょう。

今回は、男性が心から愛している女性だけにするふるまいを3つご紹介します。

本命ゆえの特別扱い!男性が溺愛している女性だけにする3つのふるまい

たいていのワガママを許してしまう

「僕は結構怒りっぽい性格で、職場でも怒っていることが多いんです。
でも好きな子を前にすると、なにをしても微笑ましくて……ついなんでも許しちゃうんですよね」(28歳男性/営業)

ほかの人から言われたら、間違いなくイラッとしそうなことも、相手が彼女なら許してしまう。

そんな男性は、決して珍しくありません。

ちょっとしたワガママを「しょうがないな」で受け入れてくれるのも、彼が強い愛情を抱いているからこその言動です。

彼の優しさに甘えすぎず、たまには支えたり癒やしたりしてあげることで、幸せな恋愛が長続きするでしょう。

嫌われかねないこだわりを隠す

「俺はかなりの潔癖なんですけど、彼女に嫌われたくないから、できるだけ表に出さないように気を付けてますね」(32歳男性/営業)

仕事の進め方や机の上の配置、家事の順番など、誰しも自分なりのこだわりを多少は持っているもの。

けれど、それを大好きな彼女に押し付けることを想像すると、「嫌われるかも……」と不安になる男性もいるようです。

逆に自分のこだわりをオープンにできる人は、彼女も含めて周りからどう思われるかを考えていないのかもしれません。

彼女らしさを尊重する

「元カレは『俺ロングヘアの子の方が好き』とか『デートにズボン履いてくるとかナイわ』とか、なにかと自分の好みを押し付けてくるタイプでした。
いまは私らしさを尊重してくれる人に出会えたし、元カレとは別れて正解だったと思ってます」(25歳女性/IT)

彼女を自分好みに染めることに、喜びや達成感を見出す男性もいます。

それが女性にとっても納得のいくものならまだしも、「次はワンピース着てきて」「その服似合わないよ(笑)」など、上から目線に要求するようなら要注意。

自分の思うとおりに彼女を動かしたがる男性からは、早めに距離を取ることをおすすめします。

彼女のことを溺愛しているなら、ありのままの姿を受け入れてくれるはずですよ。

「愛する彼女のため」だからできる

男性が自分のこだわりや彼女のワガママを我慢できるのは、彼の深い愛情の証拠と言えます。

自分のことを溺愛してくれる男性と結婚すれば、ずっと意見を尊重してもらえ、幸せを手にしやすくなること間違いなし。

その分、あなたも彼に愛情を返してあげることで、2人の関係はいっそう深いものになるでしょう。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)