恋のチャンスを広げるためには、自分に向けられた好意に気付くことも大切です。

同時に、気になる男性に対して抱く印象が分かれば、仲を深めるための接し方も変わってくるはず。

そこで今回は、男性が本命の女性だけに見せるサインを、干支別に占いました。

前編に引き続き、今回は午(うま)年~亥(いのしし)年をご紹介します。

【後編】男性の干支別♡本命の女性だけに見せる溺愛サインって?

午(うま)年生まれ

午(うま)年生まれの男性は、自分の男らしさを大胆にアピールしたがるタイプです。

そのため、重い荷物を一気に運んだり、キャンプの知識を披露したりと、分かりやすい「頼れる男」を演出するよう。

スポーツやアウトドアに誘うのも、自分の得意分野でいいところを見せようとする、本命サインの一種と言えます。

未(ひつじ)年生まれ

どんなに好きになっても、なかなか積極的なアプローチを仕掛けないところがある、未(ひつじ)年生まれの男性。

本人のサインより、彼の男友達に「彼女いるのかな?」などと探りを入れて、その反応から見極める方が早そうです。

彼らが明らかに慌てるようなら、それが当人の好意を裏付けてくれるはず。

申(さる)年生まれ

申(さる)年生まれの男性は、自分はモテるという意識が強い傾向にあります。

同時に、モテるという評価を客観的なものとして維持したくて、下手なアプローチで嫌われることを避けたがるのだとか。

結果として、断られてもダメージが少ないように、「一回付き合ってみない?」といった軽い声かけをする可能性が高いです。

酉(とり)年生まれ

完璧主義な一面があり、ストレートな表現を使うことが多い、酉(とり)年生まれの男性。

相手に誤解されないように、そして自分の気持ちをぶつけるような失礼なことをしないようにと、様々な配慮を巡らせるみたい。

そのような迷いの末に、「あなたのことが好きなんだけど、僕のことをどう思う?」と、まっすぐ思いを打ち明けるでしょう。

戌(いぬ)年生まれ

戌(いぬ)年生まれの男性は、まず相手に「彼氏や好きな人がいないか」を確かめがち。

もし「いない」と答えられたら、自分にも恋人がいないことを伝えて、付き合う上での問題がないことのアピールするようです。

彼なりの「誠実でありたい」という気持ちと、堅実な性格の表れと言えるかもしれません。

亥(いのしし)年生まれ

自分の気持ちを素直に伝えるタイプの。亥(いのしし)年生まれの男性。

本命の女性を前にすると、「君のことが好きなんだ!」オーラが全開に。

話していたグループから彼女が抜けると途端に大人しくなるなど、明らかすぎる態度の変化が起こるはずです。

サインを知ればチャンスが広がる

男性の好意のサインは、分かりやすいものだけとは限りません。

意識的に観察して初めて、意外な男性が自分に好意を寄せていた……なんて展開もありえます。

まずは本命サインの種類を把握して、周りの男性のふるまいに注目してみてくださいね。

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)

●【前編】男性の干支別♡本命の女性だけに見せる溺愛サインって?