デートを繰り返していても、きちんと言葉で「付き合おう」と言ってくれない男性だと、このまま関係を続けていいのか迷ってしまうもの。

そこで、優柔不断な男性の背中を押すには、どんな行動を取ればいいのでしょうか。

今回は、なかなか決断できない男性でも「さすがにちゃんと告白しないと……」と焦った女性の行動について聞いてみました。

気になる彼と、ズルズル関係をつづけている方は必見です!

曖昧な関係にサヨナラ!はっきりしない彼に「告白させる」方法

連絡の頻度を減らしてみる

「女性の方からグイグイ押されると『こっちから誘わなくてもいいかな』って思ってしまうのですが、逆に引かれると気になってしまいます。
『好き』ってずっと言ってくれていた女性が、ある日急にLINEが来なくなって……。
そのとき初めて自分の気持ちに気付いて、慌てて告白したことがあります」(27歳男性/営業)

ずっと積極的なアプローチをしていたのに、あるときぱったり無くなったら、相手も不安に思うはず。

とくに「この子は絶対自分のことが好きだな」と思っている相手には、男性も「急いで手に入れたい」という気持ちが薄れてしまうもの。

連絡の回数を減らす他にも、仕事に力を入れてみたり、新しい習い事を始めてみたりするといいかもしれませんよ。

他の男性の影をチラつかせる

「最近、あまりその子からLINEが来ないなと思っていたらインスタにデートっぽい投稿が上がっていたんです。
『これは他の男か……?』『やっぱりちゃんと告白しないとマズイかも』と焦ってしまいました」(33歳男性/制作)

関係をはっきりさせなくても、「一緒にいてくれるだろう」という安心感があると、男性も勇気を出して告白しようという気にならないのでしょう。

ただ、相手の好意が分からない段階で実行するのは、ややリスキーです。

他にも、真面目な男性やお堅い男性の場合は、逆効果になる場合があるので注意。

「付き合っていない」と伝える

「自分の中では付き合っているつもりだった女性を旅行に誘ったんです。
そしたら『うれしいけど、ちゃんと付き合ってないのに旅行っておかしいと思う』と断られて……。
付き合ってるつもりだったと言ったら怒られました」(25歳男性/インストラクター)

女性からすると、好意ははっきりと口に出して欲しいという方が多いかもしれません。

しかし、男性のなかには、言葉で「好き」「付き合おう」とはっきり口に出すのが苦手な方もいるようです。

ただ、相手の好意が分かっていても、言葉にしてもらわないと不安という人は少なくないはず。

そんなときは、はっきりと「まだ付き合ってないよね」と聞いてみるといいかもしれませんね。

ズルズル流されないように!

優しくて親切な女性ほど、自分から連絡してデートの手配までやってあげてしまうなど「尽くしすぎ」になる傾向にあります。

その結果、追われるよりも追う展開になりがちです。

そこを逆転させるためには、一度引いてみることが大切ですよ。

ズルズルと関係を続けないために、主導権を自分で持つことを意識してみてくださいね。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)