気になる彼が自分に好意を持っていると分かっても、本命かどうか確信が持てないこともあると思います。

とくに相手が社交的な男性の場合、広い交友関係の中で自分がどう位置付けられているのか、自信を持って言える人は少ないでしょう。

そこで今回は、男性が本命の女性とキープの女性に取る態度の差を、星座別に占いました。

まずは前編として、おひつじ座(3/21~4/19)~おとめ座(8/23~9/22)をご紹介します。

男性の星座別!本命とキープに対する態度の差は…【前編】

おひつじ座(3/21~4/19)

おひつじ座の男性は、一度好意を抱いたら、飽きるまでは一途に愛するタイプです。

ほかの女性はキープどころか、恋愛対象とも考えないよう。

ただ飽きるのが早く、恋心が冷めたらすぐに次の本命を見つけるかもしれません。

おうし座(4/20~5/20)

おうし座の男性は、安定性や安心感を大事にする慎重なところがあります。

本命の女性を決めるには、肉体的にも精神的にもそれなりの労力が必要になり、キープを作る時間も気力も残らないのだとか。

けれど、本命との関係が壊れたときのために、「いいなぁ」程度の候補はいるでしょう。

ふたご座(5/21~6/21)

ふたご座の男性は、広く浅い人間関係を築きがち。

本命、キープ、キープ二軍など、恋愛対象となる女性の範囲は広く、しかし中心から離れるほどに接し方は適当になりそう。

また本命の女性が複数いる可能性もあります。

かに座(6/22~7/22)

恋愛と結婚をつなげて考える傾向にある、かに座の男性。

彼にとって「本命」とは、将来家族になるかもしれない特別な存在みたい。

とはいえ、根が優しいので、本命にもキープにも、ときには通りすがりの相手にも、同じように親切な態度をとるはずです。

しし座(7/23~8/22)

しし座の男性は、基本的には相手の位置づけに関係なく、亭主関白を押し付けるタイプ。

しかし、本命の女性に関しては「捨てられるのは嫌だ、かっこ悪い」と勝手に思い込んでいることも。

そのため、2人きりになると、いつもよりも控えめな態度になるかもしれません。

おとめ座(8/23~9/22)

自分の理想に従って要望を出す、完璧主義な一面がある、おとめ座の男性。

本命の女性には、理想的な女性になってほしいと考え、説教じみた言動が目立つようです。

キープの女性にも、目についたことは注意するけれど、本命相手のときほど厳しくはなさそう。

自分の立ち位置を把握して

愛情表現の仕方は人によってさまざまですが、相手が本命かキープかで接し方に違いのある男性がほとんどのようです。

自分の現状を知ることは、これからのふるまい方や彼の言葉の受け取り方の指針を得ることにつながります。

彼の態度を見極めて、自分がどう思われているのかを把握しましょう。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)

●【後編】男性の星座別!本命とキープに対する態度の差は…