気になる彼が自分に好意を持っていると分かっても、本命かどうか確信が持てないこともあると思います。

とくに相手が社交的な男性の場合、広い交友関係の中で自分がどう位置付けられているのか、自信を持って言える人は少ないでしょう。

そこで今回は、男性が本命の女性とキープの女性に取る態度の差を、星座別に占いました。

前編に引き続き、今回はてんびん座(9/23~10/23)~うお座(2/19~3/20)をご紹介します。

【後編】男性の星座別!本命とキープに対する態度の差は…

てんびん座(9/23~10/23)

てんびん座の男性は、スマートな生き方を好むタイプ。

人生なにが起こるか分からないからと、本命のほかにキープを作ることもありますが、これがトラブルに発展することは避けたいようです。

そのため、態度を変えず、位置づけに関係なく同じように優しくするでしょう。

さそり座(10/24~11/21)

本命の女性以外には、決して心を開こうとしない傾向にある、さそり座の男性。

その分、1人だけにはほぼ100%心を開き、自分のすべてを知ってもらおうとするみたい。

当然キープの女性には、深く突っ込んだ話をすること自体ないと言えます。

いて座(11/22~12/21)

いて座の男性は、「魅力的な女性に惹かれるのは仕方ないこと」と思っている一面があります。

本命予備軍とも言えるキープの女性は何人もいる一方で、扱いの差ははっきりしているのだとか。

やはり本命に集中している限り、キープはあくまでキープなので、かなり適当な態度で接するはずです。

やぎ座(12/22~1/19)

優先順位に従って態度を露骨に変える、やぎ座の男性。

時間の使い方からちょっとしたお土産まで、比べてみれば一目瞭然というレベルで差をつけそう。

しかし、キープの女性にはその差を知られないよう、クールに対処する可能性が高いです。

みずがめ座(1/20~2/18)

みずがめ座の男性は、女性の優先順位どころか、性別も超えてフラットに接するタイプです。

けれど、本命の女性を前にすると、照れが先立ってしまうよう。

案外キープや恋愛対象外の女友達以上に、堅苦しい態度をとってしまうかもしれません。

うお座(2/19~3/20)

本命の女性に対しては、誰が見ても分かるようなアピールをしがちな、うお座の男性。

彼のあふれる愛情が、最も多く注がれるでしょう。

キープの女性も気に入ってはいるので、優しくしたいとは思いながら、本命よりはどうしても格下になるみたいです。

自分の立ち位置を把握して

愛情表現の仕方は人によってさまざまですが、相手が本命かキープかで接し方に違いのある男性がほとんどです。

自分の現状を知ることは、これからのふるまい方や彼の言葉の受け取り方の指針を得ることにつながります。

彼の態度を見極めて、自分がどう思われているのかを把握しましょう。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)

【前編】男性の星座別!本命とキープに対する態度の差は…