男性が年上の女性に惚れるのは、年下や同年代にはない魅力を感じた瞬間です。

中でも、気になる男性にグイグイ行かない余裕のある姿勢が、とくに年下の男性を魅了しやすいみたい。

そこで今回は、男性が大人の魅力にときめいたエピソードを4つご紹介します。

控えめな態度に心惹かれる♡男性が年上女性の魅力にときめいた瞬間4選

頼もしさを目の当たりにした

「失敗したときやお願いしたときに『しょうがないな』と引き受けてくれて、思わず『姉さん!』ってなりました」(28歳男性/金融)

年下の男性に対しては、普段から怒ったり厳しい目線で見たりすることの少ない女性が多いと思います。

その優しい態度は、男性の目に「余裕」や「包容力」と映るよう。

そして、余裕のある女性の頼もしさを感じたとき、同時に好意が芽生える可能性は高いですよ。

料理が上手いことを知った

「写真映えするおしゃれな食事よりも、唐揚げを美味しく揚げられるとか、お惣菜を作ることができるとかの方がときめきますね」(28歳男性/不動産)

「胃袋をつかむ」という恋愛テクニックは、活用できる範囲の広いもの。

見た目のきれいな料理以上に、男性好みの味付けやボリュームのあるおかずに惹かれる男性は少なくありません。

経験を積んだだけ上達できる料理のスキルは、伸ばしておいて損はないと言えます。

露出控えめの服装に色気を感じた

「ぴったりとしたタートルネックやミニではないスカートのスリットなど、大人の色気にドキドキしますね」(29歳男性/商社)

男性が色気を感じるのは、肌の露出だけではありません。

露出度は低くても、ボディラインが強調されていたり、一か所だけ肌が見えていたりすれば、十分にドキドキさせられるはず。

年下の男性の心を、上品な大人の色気でつかんでくださいね。

謙虚な姿勢を見た

「『私なんて対象外でしょ?』みたいな謙虚な姿勢を見せられると、『そんなことないです!!!』と全力で否定したくなる」(27歳男性/メーカー)

「私のこと好きなんでしょ?」という自信過剰な言動や勘違いを見せられて、抱きかけていた好意が冷めるという男性は多いです。

それよりも、謙虚さや自信のなさを感じさせる「私は対象外でしょ」という大人の女性の素振りに、全力で否定とアピールをしたくなるみたい。

とはいえ、否定待ちの言動は好まれないので、あくまでも謙虚に、そして自分磨きを欠かさないことが大切ですよ。

グイグイ行かずに魅了して

年上の女性が漂わせる大人の魅力に触れて、心を奪われてしまう男性は少なくありません。

一度年下の彼をドキドキさせることができれば、そこから距離を縮めるのはそう難しくないはず。

あえて控えめな姿勢を見せることで、彼がアプローチしたくなる存在を目指しましょう。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)