好きな人から食事に誘われたら、舞い上がってしまう女性は多いと思います。

とはいえ、つねに男性が好意に基づいて誘っているのか、疑問に感じることもあるのではないでしょうか。

そこで今回は、男性が2人きりの食事に誘う理由を3つご紹介します。

好意があるから声をかけたの?男性が2人きりの食事に誘う3つの理由

食の好みが合う

甘いものや写真映えする料理が好きでも、自分1人でお店に入るのはためらわれるという男性は少なくありません。

そんなとき、食の好みが合う女友達というのは、とても貴重な存在です。

「このお店のランチ、すごいおしゃれ!でも1人だと入りにくいから、○○ちゃんを誘おう」と考えるのだとか。

このとき、彼に恋愛感情がなかったとしても、女性と食事すること自体は楽しいと思っている可能性もありますよ。

相手のことをよく知りたい

職場や学校など、普段限られた時間だけ顔を合わせる場所では、気になる人の素を知ることは難しいもの。

そのため、自分の中で好意がはっきりしていなくても、相手の人柄を知る機会として「とりあえず食事に誘ってみる」という男性もいるようです。

「2人きりの食事に来てくれるなら、少しは向こうも気になってくれてるのかな?」「一緒にお店を考えてくれる人なんだ」など、誘った時点から様々な情報を集めているかも。

一緒に日程や行くお店を決めただけでも、相手のことをたくさん知れるはず。

そして、もちろん食事中もいろいろな発見があると期待して、相手を知る第一歩として誘うケースは珍しくないと言えます。

告白するため

じっくり時間をかけて距離を縮め、相性を見極める恋があれば、「絶対にこの子が好きだ!」と確信するような出会いもあるでしょう。

とはいえ、自分の好意を自覚したからと言って、すぐに告白できるかどうかとは話が別。

そこで、デートの回数を一つの基準とする男性もいるのだとか。

「告白まで、デートは3回するもの」というイメージをお互いが持っていれば、それぞれ気持ちを固めたり、心の準備をしたりする目安になるはずです。

2人きりの食事は、このような告白までのステップとして、使い勝手のいい手段であるのかもしれません。

食事で得た情報は次に活きる

男性にとって女性と2人きりの食事は、大きな意味があるか、全く意識していないかの二択のようです。

とはいえ、食事を共にすれば、自然とお互いの人となりをよく知れるもの。

相手の様子を探って、2人の関係性を見極めましょう。

(野瀬研人/ライター)

(愛カツ編集部)