大好きな彼に「キスしてほしい」と思うのは当然のことだと思います。

では男性はどんなとき、彼女に「キスしたい」と思うのでしょうか?

今回は、男性が「思わず彼女にキスしたくなった瞬間」をご紹介しますよ。

お試しあれ♡男性が思わず「彼女にキスしたくなった瞬間」3つ

ソフトタッチされたとき

相思相愛の2人が交際すれば、自然と手や体に触りたいと感じるのも自然なこと。

……とはいっても、付き合い始めの頃はお互いに恥ずかしくなって目を合わせることすらできないかもしれません。

しかし、好きな相手と「キスをしたい」と思うのは恋心として当然の気持ちです。

たとえば周りに誰もいないところを見計らってそっと彼に触れられれば、あなたの気持ちに応えてくれるかもしれませんよ。

もし彼に直接触れるのが恥ずかしいのなら、服の裾を少しだけつまむのもOK。

励ましたいと感じたとき

仕事でミスをして凹んでいる、風邪で元気がない、友だちとケンカして悩んでいる……。

弱っている女性の姿を見て、放置できる男性はいません。なんとか力になりたい、守ってあげたいという気持ちがこみ上げてくるようです。

普段は強がっていても、内心では悔しくつらい思いをしていることを伝えると、そのギャップに心動かされるようになるかもしれません。

「好き」言われたとき

「キスしてほしい」と思ったら、彼の目をじっと見つめてみて。

最初は恥ずかしくなって目を逸らしてしまうかもしれません。

しかし、男性は目を見つめられているうちに、思わずキスをしたくなることがあるようです。

男性は確信が持てない相手に手を出すことについて、怖がる傾向にあります。

安心してキスできると思えば、すぐにキスをしてくれるはずですよ。

彼にキスしてもらいたいなら…

「自分からキスするのは恥ずかしいけど、彼から求められれば喜んで!」という乙女心……とてもよくわかります。

そんな気持ちをうまくアピールするには、距離感がとにかく大切。

離れすぎるとキスまでに男性が踏みとどまる可能性もありますが、あと少しでキスできるところにくるだけでも変わります。

彼にキスしてもらえるような言動を心がけてみてくださいね!

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)