アクシデントのない交際は、安心感がある一方で、刺激に欠けると思う女性も少なくないでしょう。

でも、刺激的な付き合いになりにくい男性ほど、人生のパートナーには向いているということも珍しくはありませんよ。

そこで今回は、結婚したらいい夫になる男性の特徴を3つご紹介します。

人生のパートナーには最適!結婚したらいい夫になる男性の3つの特徴

自分の軸を持っている

結婚したら、様々な問題に対して2人で結論を出していかなければなりません。

そのとき、毎回あなたの意見に依存されれば、当然プレッシャーになるはず。

また意見が食い違ったときも譲歩ではなく、つねにあなたに従うようでは、居心地のいい対等な関係を築けているとは言えないでしょう。

2人が向き合って幸せな結婚生活を送るためには、自分の軸を持って意見を出しながら、相手の意見も汲み取る気遣いが必要不可欠です。

自分なりの価値観を身につけており、同時に相手の価値観を大切にできる男性となら、素敵な関係を築けますよ。

あまりしゃべらない

普段からあまりしゃべらない男性との交際では、「なにを話せばいいか分からない」と悩む機会が多いかもしれません。

しかし、口数が少ないからと言って、彼があなたのことを大切に思っていないとは限らないのです。

自己主張が少ないのは、相手の話を一生懸命に聞こうとしており、また信頼の証でもある可能性は十分にあります。

沈黙の時間が訪れても気まずくならない相手とは、幸せな時間を間違いなく過ごせるでしょう。

素直に「ありがとう」「ごめんね」を言える

人間関係を良好に保つための大前提ではありますが、「ありがとう」と「ごめんね」を素直に言えるかどうかは、無視できない要素です。

パートナーとの間が険悪になったときは、自分の理屈を通すことよりも、雰囲気をよくすることの方が重要になるもの。

そこで相手に歩み寄る言葉として、「ありがとう」と「ごめんね」がスッと出てくるなら、問題を余計に大きくすることなく収められます。

自分が譲れない問題でも、まず「ごめんね」でお互いに気持ちを落ち着け、冷静に話し合おうとする姿勢こそ、大人な態度と言えるでしょう。

2人が心地よく齟齬すために、あえて折れることのできる包容力があるかは、結婚前にチェックしておくことをおすすめしますよ。

穏やかに愛し合える男性が理想

結婚して関係性が変われば、恋人だった頃よりも長い時間を一緒に過ごすことになります。

そこでは、様々なハプニングに直面する刺激的な付き合いよりも、穏やかな愛情を注ぎ合うことの方が大切です。

ちょっと物足りないこともあるけれど、安心感のある男性こそ、結婚に向いた存在と言えるかもしれませんね。

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)