いまはまだ片思いでも、すでに恋人同士でも、好きな人との相性のよさは気になるはず。

なにより、彼に「相性いいかも」と思ってもらえたら、さらに仲を深められるでしょう。

そこで今回は、男性が女性との相性のよさを実感するきっかけを3つご紹介します。

もっと仲良くなれる!男性が相性のよさを意識する3つのきっかけ

同じものが苦手だった

好きなものや趣味が同じ相手よりも、苦手なものが同じ人の方が、人は親近感を抱きやすいのかもしれません。

たしかに、苦手なものが同じなら、ピンポイントでそこだけを取り除けば、それ以外はうまくいく可能性は高そうです。

とはいえ、自分の苦手や嫌いなものを話すとき、言葉遣いが乱暴になると「性格きつそう……」と思われがちなので要注意。

好きなものを共有するついで程度で話題に出し、それ以降はポジティブな話題を心掛けることで、お互いに居心地よく過ごせるはずですよ。

連絡のペースが似ていた

お互いの連絡の頻度やタイミングが似ている相手のことは、親密な関係だと思いやすい男性が多いよう。

ちょうど手が空いて誰かと話したくなったタイミングが同じだったり、返信のペースが自分と近かったりする人とは、心地よくコミュニケーションが取れます。

会話は気になる男性との仲を深めるのに不可欠の要素であり、ここで好印象を与えられるなら、すぐに距離を縮められるでしょう。

気になる彼の仕事が終わって落ち着いていそうな隊民を見計らい、連絡してみることをおすすめします。

会話が弾みやすいことに気付いた

2人で過ごす時間の満足度を高めるには、会話の盛り上がりが必要になるもの。

会うたびに話が弾む相手とは、相性のよさを実感し、特別な感情を抱く人が多いはず。

このとき、話題を共通の趣味に限って盛り上げようとする必要はありません。

彼に会話を楽しんでもらう上で重要なのは、丁寧な相づちと知識量が近いことです。

普段から適切なタイミングでリアクションし、また彼の好きなものについて情報を集めておくことで、会話を盛り上げやすくなりますよ。

無理して合わせず素直に楽しんで

好きな人に「この子と相性いいかも!」と思ってもらえたら、そこからの関係進展はあっという間でしょう。

とはいえ、仲を縮めるためだけに嘘をついて、相性のよさをアピールしようとするのはNG。

信頼を失うリスクを余計に増やすだけなので、まずは自然体のあなたで2人の時間を楽しむことを意識してみてくださいね。

(オルカ/ライター)

(愛カツ編集部)