せっかく好きな男性とデートできるなら、2人で思い切り楽しみたいですよね。

そのためには、デート前の話し合いから当日の帰り際まで、気軽にできる工夫がいくつもあるのです。

今回は、男性がデートで「幸せだな」と感じるポイントを4つご紹介します。

誘ってよかった!デートで男性に「幸せだな」と思わせる女性の4つの言動

行き先の下調べをしておく

「こっちがデートプランを提案したときに、それを自分でもチェックしてくれてリアクションをくれる子は印象いいですね。
全部男に任せきりじゃないってところが好感を持てます」(31歳男性/不動産)

デートで男性にリードされたいと思う気持ちも理解できます。

しかし、完全に相手任せの態度では、ガッカリされる可能性も高いはず。

相手が提示したプランについて、当日までに自分でも調べておけば、楽しみ方も変わるうえにデートを心待ちにする姿勢が好印象につながるでしょう。

待ち時間も会話で盛り上げる

「デート中って、どこかしらで待ち時間ができるじゃないですか。
そういうときにも話を途絶えさせないでくれる配慮があると幸せです。
こっちばかり話を振るのは疲れるし、待ち時間が長くて不機嫌になるとかは止めてほしいかな」(36歳男性/自動車)

テーマパークも待機列やレストランで注文した後の時間など、意外にもデート中は待つことが多いもの。

そこで明らかにイライラしたり、うんざりした様子で黙り込んだりしたら、男性も2人の時間を楽しめなくなります。

あらかじめ空いた時間で話す話題を考えておいて、自分から楽し気に話しかけると、彼も喜んでくれる可能性が高いですよ。

別れ際に楽しかったことを表現

「一日とか半日デートした後、別れる時間になって『もう一日が終わっちゃった』とか『今日、時間が経つのあっという間だったね』とか言ってもらえると最高に幸せです」(25歳男性/ゲーム)

デートの別れ際は、2人で過ごした時間の印象を大きく左右します。

ここで彼の心をつかめたら、次につながるどころか、一気に告白まで考えてもらえるかも。

「楽しかった」を素直に伝えることで、別れを惜しむ気持ちを表現してみてくださいね。

やりたいことを提案する

「こっちが行こうって言った場所だけじゃなくて、向こうからも『行きたい場所があるんだけど』って言ってくれるとうれしいかな。
お互いに自立している感じがするし、そういうのがないと本気で楽しんでくれているのかわからなくて不安になるんですよ」(29歳男性/コンサルティング)

デートの行き先を決めるとき、男性の「どこ行きたい?」「なにかしたいことある?」にきちんと答えていますか?

「どこでもいい」「なんでもいい」と言われた男性は、言った女性の思惑がどうであれ、自分とのデートを楽しみにしてもらえているのか不安になるもの。

逆に「ここに行きたい」「これしたい」と積極的に行った方が、彼にも喜んでもらえるでしょう。

準備から別れ際まで楽しんで

デート中は気を張りすぎず、適度にリラックスした方が充実した時間になるはず。

とはいえ、彼に任せっきりにせず、一緒に楽しめる気遣いは必要と言えます。

素敵な時間を過ごして、彼との仲を深めてくださいね。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)