好きな人と付き合っても、すぐにケンカして別れてしまう……。

そんな「恋愛を長続きさせるのが苦手な女性」は、彼に少し頼りすぎている可能性があります。

今回は、恋を長続きさせるために大切な「頼りすぎない恋愛」のコツをご紹介します。

コツをつかんで、ぜひ恋愛に活かしてみてくださいね。

恋が長続きする!「彼に頼りすぎない恋愛」のコツ3選

問題には自分も向き合う

カップル間で問題が起こったとき、きちんと向き合うようにしていますか?

「自分はなにもしなくても彼がなんとかしてくれる」と考えるのは、とてもキケンです。

たとえば、どうしても直面してしまう「マンネリ」問題。

あなたがなにかしないと、彼も「もう俺たち終わりなのかな」と考えてしまうかも。

自分からサプライズしたり話し合いの時間を作ったりしてみてくださいね。

たまにリードする

「デートでは彼にエスコートしてほしい」と考える女性は少なくありません。

しかしデートのお誘いをはじめ、行き先決めや予約などすべてを任せてしまうと、彼も疲れてしまうかも。

そのうち、デート自体を苦痛に感じるようになってしまう可能性だってあります。

ですので、たまにはあなたがリードしてあげてください。

また、「予約は私がするね」など言って分担をしてみるのもオススメです。

気持ちは言葉で伝える

「彼氏には私の理解者になってほしい」と考えるのは、ごく自然なことでしょう。

しかし、「彼氏なら言わなくても分かってくれる」と考えてしまうのは、オススメできません。

思っていることは、きちんと言葉にしないと伝わらないことがほとんど。

彼が察してくれることに期待しすぎると、「なんで分かってくれないの?」と逆にイライラしてしまうかも。

感謝も不満も愛情も、きちんと言葉にして伝えてくださいね。

次の恋愛はうまくいく!

いつも恋愛が長続きしないと、恋愛自体が嫌になってしまう場合も。

しかし、この「頼りすぎない」を意識しておけば、自然と長続きするようになるでしょう。

自信をもって、新しい恋にチャレンジしてみてくださいね。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)