気になる男性との仲を深めるには不可欠なLINE。

手軽にメッセージを送れるからこそ、なにげなく送った一言が別れの原因となることも珍しくありません。

そこで今回は、男性が不快感を覚えやすいLINEの特徴を彼の星座別に占いました。

まずは前編として、子(ねずみ)年~巳(へび)年をご紹介します。

男性の干支別!彼が不快感を覚えやすいLINEの特徴は?【前編】

子(ねずみ)年生まれ

ちょっとケチなところがある、子(ねずみ)年生まれの男性。

給料日直前やボーナスが近い時期に、お金のかかりそうな場所に行きたがるLINEや、記念日アピールのLINEが来ると不快感が強いよう。

あからさまなおねだりは別れを近づける可能性が高いですよ。

丑(うし)年生まれ

丑(うし)年生まれの男性は、自分のペースを大事にするタイプ。

そのため、早朝や夜中、あるいは仕事中にLINEを何度も送られると、ストレスがたまりやすそう。

LINEでのやり取りは、休日や帰宅して時間のあるタイミングを中心にするのがおすすめです。

寅(とら)年生まれ

恋愛に対する情熱が強い傾向にある、寅(とら)年生まれの男性。

「いま、会社の同僚と飲んでます!」といった、ほかの男性の存在を匂わせるLINEには、「彼氏にこの報告ってどういうつもり?」とガッカリするみたい。

事前に飲み会があることを知らせておけば、余計な悪印象は避けられるはず。

卯(うさぎ)年生まれ

卯(うさぎ)年生まれの男性は、相手を喜ばせることに意欲的な一面があります。

デートの行き先をLINEで話し合うとき、「ここは前行った」「ダイエット中だから食べられない」などとダメ出しを重ねると、テンションダウンするのだとか。

後から読み直してさらにショックを受ける可能性もあるので、ポジティブな言葉を心掛けましょう。

辰(たつ)年生まれ

会話の空気や行間を読むことを苦手としがちな、辰(たつ)年生まれの男性。

意味ありげなスタンプの連投、「どう思う……?」というような一言には、返しに困りやすいようです。

分かりやすく簡潔な表現を心掛けた方がいいかもしれません。

巳(へび)年生まれ

巳(へび)年生まれの男性は、簡単に心を開かないタイプです。

だからこそ、心を許したあなたから、自分以外の男性をほめる言葉が出てくると、嫉妬心が燃え上がるはず。

余計な嫉妬をさせないためには、話題選びが重要だと言えます。

安易なLINEを避けて

手軽に送れるけれど、いつまでも形として残ってしまうLINE。

思い付きでメッセージを送ると、予期せぬ別れの原因を作る可能性もあります。

気になる男性との仲を深めるためには、余計なストレスを与えないことがなによりも大切ですよ。

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)

【後編】男性の干支別!彼が不快感を覚えやすいLINEの特徴は?