人は変化のなかで生きているため、これまでの人生から大きく変わる出来事が訪れることも少なくありません。

そのようなとき、心の準備ができていれば冷静に行動することができますよね。

あなたには近々、どのような驚く変化が起こるのでしょうか。

そこで、12星座別に「2022年内にあなたに訪れる大変化」を占いました。

まずは前編として、おひつじ座(3/21〜4/19)〜おとめ座(8/23〜9/22)のご紹介です!

【前編】星座占い・2022年内にあなたに訪れる「大変化」

おひつじ座(3/21~4/20)

かなりの強運期。

仮にトラブルが降りかかってきたとしても、あなたに与えられた太陽のような明るさで災厄を祓えるシーズンです。

お塩を持ち歩いたり、玄関に盛ったりすると効果的。

あなたの心自体が清らかなパワースポットのようになっていると想像してください。

公私ともに十分に楽しめるようになれるはず。

よこしまな心を持たず、自分にも他人にも優しくしてあげましょう。

金運もかなりいいため、くじなどにもツキがありそう。

おうし座(4/21~5/21)

この時期は、予想外のアクシデントに悩まされそうな予兆があります。

一人で抱え込むと落ちこんでしまう恐れが。

なにかあったらすぐ周りの人に相談しましょう。

とくに味方になってくれそうなのは、サバサバした年上の人です。

サラリと解決できるはず。

対人面ではあなたの判断力が高まっているため、相手の気持ちが手に取るようにわかるでしょう。

人を信じる心を大切にして、ポジティブな接し方を心がけて。

商店街など昔ながらの人の温かさ、懐かしさを感じさせる場所で幸運と出会えるでしょう。

ふたご座(5/22~6/21)

計画を実行に移そうとしても変更を余儀なくされてしまうかも。

ムリをして押し通そうとしても、どうしてもクリアできそうにありません。

しかし、あえて遠回りをするなど、解決の方法はいくつかあります。

頭をひねって再度プランニングすれば、上手く解決できて周囲から尊敬されるはず。

金銭面ではムダづかいに注意。

とくにストレスによる散財に気をつけて。

対人運は好調で、尊敬する人から褒めてもらえたり、気になる人に声をかけられたりするかもしれません。

素直に喜びを示すと縁が深まるでしょう。

かに座(6/22~7/22)

この時期は感受性が豊かになり、感覚がさえ渡りそう。

対人運が優れていて、誰に対しても共感できそうな気配アリ。

相手の気持ちを思いやり、自分のことのように一生懸命になって人を助けられるでしょう。

家族や友人をはじめ周囲の人との仲もぐっと深まりそう。

相手がなにを考えているのかを察して動けるので、「言われる前に動ける人」として重宝されるでしょう。

また、食事にこだわると運が開ける予感。

大事な人と一緒においしいお店に行ってみるのもありです。

意外な出来事から素敵な関係へと発展する暗示が。

しし座(7/23~8/22)

この時期は、正義感が高まりそう。

とても素晴らしいことですが真面目が過ぎると、融通がきかなくなってしまうかも。

「絶対にこうでなくてはいけない」という考えは、仕事においてはメリットになりますが、プライベートでは足かせになってしまうかもしれません。

オンとオフの切り替えを柔軟にすることで対処できそう。

心が広い人だと好感を持たれるようになり、周囲の人があなたのもとにやってくるでしょう。

広い心で皆を愛するようにすれば、対人運も開けてきます。

金運も人からやってくるため、付き合いを大切に。

おとめ座(8/23~9/23)

あなたが相手のためを思ってしてあげたことで、感謝される可能性大です。

よかれと思ったことは抑えず、素直にアクションを起こしてみましょう。

倍以上のお返しがやってくるはず。

まさに「情けは人のためならず」のような運気といえます。

また、お気に入りの人だけを助けようと力をこめるより、いろいろな人に目配りしておくといいでしょう。

あなたの思いやりが周囲に届き、評価もグッと高まるはず。

プライベートでは楽しいお誘いがありそうなので、乗っかってみて。

2022年を言い終わり方に!

2022年10月までは、とくに木星や土星だけでなく、外惑星(天王星・冥王星・海王星)の逆行が目立つシーズンです。

しかし、11月から12月にかけて、それらの惑星が一気に順行へ戻っていきます。

そうすると、これまでの抑圧されたムードから一気に解放され、社会だけでなく個人においてもかなり大きな変化が生じる予感が。

新しい年を迎えるまでには、自分に訪れる出来事をかみ砕いて、受け入れる体勢をつくっておきましょう。

ぜひ参考にしてくださいね!

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)

●てんびん座〜うお座に起こる2022年内の「大変化」は?