誰しも、他人に触れられたくない「地雷」や「逆鱗」を秘めているもの。

当然、不用意に彼氏の地雷を踏めば、修復不可能な溝を生む可能性まであります。

そこで今回は、男性の星座別に、彼がとくに好まない言動を占いました。

前編に引き続き、今回はてんびん座(9/23~10/23)~うお座(2/19~3/20)をご紹介します。

【後編】男性の星座別!彼がとくに不快感を募らせる言動って?

てんびん座(9/23~10/23)

てんびん座の男性は、無意味なことに時間を費やすのを好まないタイプ。

スパッと決断したがる性格のため、優柔不断な態度にはイライラするようです。

しかし、感情的になるのは大人げないと考え、自分から距離を取って不快感を味わう機会を減らそうとするでしょう。

さそり座(10/24~11/21)

好きなものや興味を持った対象にのめり込みがちな、さそり座の男性。

他人には真似できないレベルでこだわるうえに、自分が周りからどう見られているかを気にしないみたい。

本人も自己満足と自覚しているからこそ、「そこまでやらなくていい」と言われると、機嫌を悪くして近寄りがたい雰囲気を漂わせるはず。

いて座(11/22~12/21)

いて座の男性は、恋人に自分と同じテンションで走ることを求める一面があります。

自分が真剣になっているときだけは、「こんなこと本気でやるつもりですか?」といった生ぬるい態度が許容できなさそう。

イライラを胸にしまいこむことはなく「真面目にやる気がないなら出ていけ!」と激しく怒りだす可能性が高いです。

やぎ座(12/22~1/19)

仕事や頼まれごとを中途半端にできない、やぎ座の男性。

適当なスタンスの相手に感情を爆発させることはないけれど、間違いを厳しく正す姿勢で向き合うのだとか。

相手が反発できない正論で、理性的に詰めていくかもしれません。

みずがめ座(1/20~2/18)

みずがめ座の男性は、自分の価値観が個性的であることを自覚し、そのうえで誇りを持っているタイプです。

自分なりの正しさに、一般論を根拠に反対されるとカチンときて、強い口調でまくしたてたり、急に他人の顔をして距離を置いたりすることも。

けれど、本人には怒っているという自覚がなく、淡々としているつもりのよう。

うお座(2/19~3/20)

共感力に優れ、他人の気持ちを汲むことに長けるところがある、うお座の男性。

相手をむやみに否定することはない一方で、主張の強すぎる人にはウンザリするでしょう。

自己中心的なタイプには、胸の内で静かに怒りを燃やすかもしれません。

触れてはいけない部分を把握して

人それぞれ大切にしているものが違う以上、触れてはいけない部分も異なります。

その場で怒りを爆発させることがなくても、不満を溜め続けていてある日突然……なんてことも珍しくありません。

恋人の嫌がるポイントを押さえて、幸せな付き合いを長続きさせましょう。

(沙木貴咲/占い師)

(愛カツ編集部)

【前編】男性の星座別!彼がとくに不快感を募らせる言動って?