恋に落ちたとき、自分の言動がどのように変化するか、正しく理解している人は決して多くないはず。

けれど、自分の傾向を知ることは、恋の成就に欠かせないステップなのです。

そこで今回は、女性の星座別に、恋に夢中になるとやりがちな言動を占いました。

前編に引き続き、今回はてんびん座(9/23~10/23)~うお座(2/19~3/20)をご紹介します。

【後編】星座占い!恋に落ちたあなたがやりがちな言動は…

てんびん座(9/23~10/23)

てんびん座の女性は、好きな人の前ではきれいな自分でいようとするタイプ。

普段の自分磨きに力を入れたり、相手の好みに合わせた服装を意識したりするようです。

日頃の努力が自信につながると、恋の駆け引きを仕掛け始めるかもしれません。

さそり座(10/24~11/21)

好意を寄せる男性の前では、「あなたが好き」という思いがあふれがちな、さそり座の女性。

彼が誰と一緒にいて、なにをしていたかなど、彼以外のことをなにも覚えていないのは、それだけ意識している証拠。

好意が強烈な興味という形で漏れ出し、彼のことしか見られなくなるでしょう。

いて座(11/22~12/21)

いて座の女性は、自覚した好意を軸に行動するところがあります。

うまくいかない可能性が頭をよぎっても、アピールを優先しそう。

「好き」を素直に伝えることで、彼の気持ちを自分に向けさせようとする可能性が高いです。

やぎ座(12/22~1/19)

アプローチの前にあれこれ考えてしまう傾向にある、やぎ座の女性。

「彼に気持ちがバレたら恥ずかしい」「弱みを見せたくない」など、好意と恥ずかしさとで勝手に悩んでしまうみたい。

彼に思いを伝えることはせず、第三者に愚痴を言ったり神頼みをしたりと、空回ったふるまいが多くなると言えます。

みずがめ座(1/20~2/18)

みずがめ座の女性は、性別に関係なく、誰に対しても同じように接する一面があります。

そのため、女性らしさをアピールしようとはせず、結果として女友達に徹するのだとか。

2人とも好きなものを、一緒に楽しもうという姿勢が表に出やすいはずです。

うお座(2/19~3/20)

情熱的な片思いモードに入りやすいタイプの、うお座の女性。

少女漫画への憧れが、アプローチの方向性を決めるかも。

遠くから好きな人を見つめたり、かわいい女の子を目指したりと、ヒロイン的言動を意識するようです。

自分のふるまいを知って

「恋は盲目」という言葉がありますが、案外自分がどう動いているかも、恋に夢中なときは正しく認識できないもの。

自分の行動や癖を知れば、それだけ自分が恋愛において大事にしている部分も見えてきます。

友達に自分の様子を聞いてみるのも、恋を成功させるためにひとつの手ですよ。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)

【前編】星座占い!恋に落ちたあなたがやりがちな言動は…