初デートで困りやすい会話のネタ。

沈黙は避けたいけれど、相手の地雷ネタを踏んでしまったら終わり。

いろいろ考えすぎて、変なことを言ってしまった経験がある人もいるのでは?

今回は、男性たちの体験談から「初デートで言われてうれしかったひと言」を集めてみました。

嬉しすぎる…男性に聞いた「初デートで印象に残った女性からの言葉」3選

以前の会話の続き

「『そういえば映画がお好きなんでしたっけ?』って、前に話したことの続きを振ってくれたのはうれしかったですね。
ちゃんと興味持ってくれてたんだ……って、安心しました」(24歳男性/食品メーカー)

やはり話を覚えていてもらえるとうれしいですよね。

彼も「そういえば彼女も○○が好きって言っていたな」と、会話を楽しむきっかけになります。

デート前には、それまでのやり取りを一度見返しておくと、いざというときに話のネタになりますよ。

相手への共感を示す言葉

「アプリで知り合った子に『こういうの、緊張しますね~』って言われて、『確かに……!』って思いましたね。
そこから一気に仲良くなれた気がするし、内心救われましたね」(28歳男性/住宅)

デート中は、沈黙になる瞬間が意外とたくさんありますよね。

そんなとき女性から話しかけてくれたら、ホッとするという男性は多いようです。

なにを話しかけたらいいかわからない場合は、緊張している気持ちを伝えてみて。

お互いに緊張している場合は、お互いに相手の気持ちに共感して、場が和みやすくなるでしょう。

相手が選んだデート先を褒める

「事前に予約しておいた店で、『このお店おいしいですね!』と喜んでくれたんです。
それだけで予約してよかったと思えたし、明るくて優しい子だなと思いましたね」(28歳男性/営業)

男性が選んでくれたお店に行く場合は、お店選びのセンスをほめてください。

彼も悩んだ末にそのお店を予約してくれたはずです。

その点をほめられたら、とてもうれしい気持ちになるでしょう。

気まずい雰囲気は回避したい!

初デートでは気まずさを回避したい。その気持ちは、男女どちらも同じです。

たった一言で、緊張した雰囲気が穏やかになることもあります。

それから少しずつお互いのことを話して、関係を深めていきましょう。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)