大好きな男性と付き合えても、彼が本当に自分のことを愛しているのか、不安になる女性はいると思います。

けれど、あなたが気づいていないだけで、彼なりに愛情を示していることもあるようなのです。

そこで今回は、男性の干支別に、彼が溺愛する女性だけに見せる特別な言動を占いました。

まずは前編として、子(ねずみ)年~巳(へび)年をご紹介します。

男性の干支別!溺愛する女性だけに取る特別な言動は…【前編】

子(ねずみ)年生まれ

子(ねずみ)年生まれの男性は、自分のプラスになることには、とくに細かく気を配るタイプ。

大好きな女性からほめられたり、感謝されたり、愛されたりしたいから、小まめに尽くすようです。

服についたホコリを取ることからおしゃれなディナーにプレゼントまで、ほかの女性とは違う明らかな特別扱いが溺愛のサインと言えます。

丑(うし)年生まれ

多少のことには動じない寡黙なところがある、丑(うし)年生まれの男性。

なにごとにも慎重で、女性を愛するのも、人生で1人か2人だけみたい。

その女性にだけは、一度だけ「愛している」と言うけれど、これも声が小さすぎたり早口だったりで、気づかないかもしれません。

寅(とら)年生まれ

寅(とら)年生まれの男性は、愛する女性だけにロマンティックで気取った態度を取りがち。

突然バラの花を「似合うと思うから……」と一輪だけプレゼントする……なんてこともしそう。

周りがビックリするような、あからさまな愛情表現をしてくるでしょう。

卯(うさぎ)年生まれ

大好きな女性のことをつい甘やかす傾向にある、卯(うさぎ)年生まれの男性。

ちょっと出かけるだけでも車で送ったり、雨が降れば傘を持って迎えに行ったりと、もともとの女性に対する弱さに拍車がかかるのだとか。

「さすがに過保護すぎない?」と引き気味になるほどの、甘やかしが愛のサインのはずです。

辰(たつ)年生まれ

辰(たつ)年生まれの男性は、堂々とした大物感を放つ一方で、細かい部分に気が利かない一面があります。

とはいえ、愛する女性のためには精一杯気を遣い、デート中は車道側に回る、扉を抑えて先に通すなど、王道のレディーファーストを実践してくれることも。

やりすぎや空回りも当然ありますが、不器用な彼なりの努力が愛の証と言えるでしょう。

巳(へび)年生まれ

人付き合いに慎重で、関わりのない女性には塩対応しがちなタイプの、巳(へび)年生まれの男性。

反面、愛している女性には一途に尽くし、深すぎる愛情から独占欲が爆発し、嫉妬深いところを見せることもあるよう。

どこに行って誰と会い、何時に帰ってくるかを逐一確認するのは、彼の愛情表現の一部である可能性が高いです。

特別な言動を見極めて

人によって、大好きな女性に対する愛情のあふれ方は様々です。

さりげなさ過ぎて気づけないものや、あまりに露骨で「本当に私向けなの?」「それって本気?」と疑ってしまうものもあるかもしれません。

とはいえ、彼の気持ちに気付いて応えることが、2人の関係を一気に進展させるひとつの方法ですよ。

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)

●【後編】男性の干支別!溺愛する女性だけに取る特別な言動は…