人を好きになるというのは、自分でも抑えられない感情です。

その思いがかなったら当然うれしいけれど、恋の始め方次第では自分自身を苦しめる原因になることも。

今回は、幸せな恋をするために気をつけるべきポイントを3つご紹介します。

幸せな恋のために!恋愛経験の浅い女性が注意すべき3つのポイント

恋するコミュニティを広げる

狭いコミュニティ内での出会いにこだわると、予想外のトラブルに発展しやすくなるもの。

例としては、友達の元カレや、親友と同じ人を好きになってしまうケースなどが挙げられます。

恋愛経験が積まれてくると、自ら出会いを求めて、コミュニティ外で動くことへの理由のない恐れが薄れていくはず。

同時に「男なんて世の中たくさんいるし」「友達と男を奪い合ったところで、後味が悪いだけ」といった割り切りもできるようになるでしょう。

恋に失敗はつきものですが、後悔せず経験を積むに越したことはないですよね。

一方的に尽くさない

女性側の負担が大きすぎる付き合い方には、たとえ交際前でも注意が必要です。

遠距離恋愛で毎回交通費を負担して会いに行ったり、なにかとデート中におごったり、彼の家に行って家事をこなしたり。

それらを繰り返していたら、ある日突然音信不通になる……なんて展開は決して珍しくありません。

1人の男性にハマると、周りが見えなくなって頑張りすぎるというのは、経験の浅い人にありがちな動きと言えます。

愛の言葉だけにとらわれず、対等な関係を築く努力が彼の行動に見られるか、注目してみましょう。

告白で交際を始める

友達以上恋人未満の関係が長く、告白抜きに交際らしいものが始まることも。

しかし、宙ぶらりんな関係は、相手の態度から本気か遊びかを見極められなければ、傷ついて終わるだけの可能性もあります。

「私たち付き合ってるの?」と聞いたことがきっかけで、彼が離れていったら……といった不安から、何も言えなくなってしまうことも予想されます。

確かな幸せを手にするためにこそ、告白できちんとけじめをつけて交際を始めることをおすすめします。

そうすれば、付き合いが長くなってからの悩みをひとつ減らせるはずですよ。

幸せな交際の仕方を見つけて

人を好きになることは止められませんが、恋心が辛い別れにつながることは、自分の工夫次第で避けられるもの。

好きになることで得られた喜びや、初めての経験は大切にしながらも、不安の種を取り除くことも意識してみてください。

交際の始め方や関係性の築き方を調整して、確かな幸せを手にしましょう。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)