気になる男性との仲を深めるためには、2人きりで過ごす時間を作ることが大切です。

そうはいっても、自分からデートに誘うのはハードルが高く、できれば彼に誘ってほしいという女性は多いでしょう。

今回は、男性がデートに誘いたくなるポイントを4つご紹介します。

一緒に過ごしたい!男性が自然とデートに誘いたくなる女性になる4つのポイント

好奇心が強い

好奇心旺盛な女性は、男性がデートに誘いやすく感じる存在です。

どんな話題を振っても興味を示さない異性とは、一緒の過ごしたいと思いにくいもの。

逆に、なんの話でも真剣に聞き、質問してくれるような相手なら、楽しい時間をイメージしやすはず。

普段から様々なものに興味を持って視野を広げておき、また知らないことを素直に「教えて」と言えるようになれば、ある日突然お誘いがあるかも。

いつも笑顔で明るい

多くの男性は、デートに誘うとき、相手の女性の表情をよく見ています。

それはつまり、無表情や不機嫌そうな女性よりも、いつも笑って明るく過ごしている女性の方が誘われやすいということ。

せめて気になる男性の前では笑顔を保ち、目があったら微笑んであげることをおすすめします。

周りの人も笑顔にできる存在になれば、好意を寄せられる可能性も一気に高まりますよ。

適度にいい加減な部分がある

約束を守ることは人として当然のことであり、最低限の責任感は備えておくべきと言えます。

とはいえ、あまりにキッチリしすぎて、一緒にいると息が詰まるようでは、デートに誘ってもらうことは難しいはず。

重要なのは、押さえるべき最低限の責任感は持ち、それ以外の部分で、周りに迷惑をかけない程度の「ちょっといい加減」な一面を見せることです。

これがあれば、男性は一気に親近感がわき、意外な姿にギャップを感じつつ、「誘ってみようかな」という気持ちになれるでしょう。

自分の意見を素直に言える

相手に嫌われないことを最優先し、自分の好き嫌いを隠した経験のある人もいると思います。

ただ「男性の誘いやすさ」という視点で考えると、相手に合わせるスタンスより、好き嫌いをハッキリさせた方が好印象なよう。

デートに誘うとき、当然誘う側は2人で楽しむことを考えるので、好みや希望を知っていることが重要なヒントになるのです。

つまり、誘う側の負担の減らすという意味で、自分の好き嫌いを開示することは重要であり、デートの行き先から食事のお店選びまで、相手の助けになると言えます。

とはいえ、アレコレと要望を出しまくった結果、ワガママに聞こえることもあるので、伝え方には注意が必要になります。

彼を惹きつけるふるまいを意識して

男性からデートに誘われやすい女性は、一緒に過ごす時間が楽しいものになるとイメージさせる要素を備えているようです。

笑顔やちょっとした隙、好奇心などから親しみを感じさせるというのは、普段の意識から実践できる部分もあるはず。

気になる男性への好意を素直に表現すれば、手ごたえを感じた男性からお誘いがあるかもしれませんよ。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)