好きな人と付き合いはじめるとき、告白を必要と思うかは人それぞれ。

けれど、本気で付き合うつもりなら、やっぱり「好き」と言葉にしてほしいものですよね。

そこで今回は、男性の星座別に、彼がどのように交際を始めるタイプかを占いました。

前編に引き続き、今回はてんびん座(9/23~10/23)~うお座(2/19~3/20)をご紹介します。

【後編】男性の星座別!彼はどんな交際の始め方をするタイプ?

てんびん座(9/23~10/23)

てんびん座の男性は、告白と受け取れる言葉をたくさん発するロマンティストなところがあります。

ただ、正式に交際が始まると、どれが決定打だったのか分からないこともあるようです。

仮に軽い言動に思えても、彼の本気度は別格で「何度告白しても自分の気持ちを伝えきれない」と思っているから、たくさんの愛の言葉をかけるのでしょう。

さそり座(10/24~11/21)

情熱的で、告白以前から言動に愛情がにじみ出る傾向にある、さそり座の男性。

日頃の接し方に注目してみると、「私、好かれてるのかな?」と気付けそう。

そして、あふれ出た愛を察した周りも「好きなんでしょ?」と、彼を応援するかもしれません。

いて座(11/22~12/21)

いて座の男性は、自分を枠にはめることを苦手とするタイプです。

そのため、関係が決まってしまう告白は「好きなのは確かだけど、明日違う女性に惚れちゃうかもしれないし」などと理由をつけて避けることも。

ただ、相手の女性を彼女ではなく妻として求めるときは、驚くほど律儀なプロポーズできちんと思いを伝えてくれるはず。

やぎ座(12/22~1/19)

堅実な性格で、結婚を交際の延長と捉えがちな、やぎ座の男性。

彼にとって告白は、恋人関係の成立に不可欠であると同時に、プロポーズに近い意味合いもあるのだとか。

「付き合ってください」「好きです」の言葉を交わす際には、結婚を前提にしている可能性も十分にありますよ。

みずがめ座(1/20~2/18)

みずがめ座の男性は、一般常識には当てはまらない、独特な感性を持っているタイプです。

女性側は「遊び?」と疑いたくなる関係でも、「真剣に付き合ってるんだけど」と言い張るよう。

ベッタリ密着した関係も融通の利かない付き合い方も好まず、彼が何度も会ってくれるなら、その時点で「恋人同士」と言えるでしょう。

うお座(2/19~3/20)

口癖のように「好き」と言い、言葉遊びのような告白をたくさんする一面がある、うお座の男性。

本当に好きな相手には、抱き着いて大きく息を吸い込み、安心感を得るみたい。

スキンシップを好む性格と、好きな人の匂いでリラックスする傾向が合わさった結果と考えられます。

態度に注目してみて

意外と告白をせずに交際を始めた気になっている男性もいるようです。

「これって付き合ってるの?」と不安になることがあれば、彼の普段の言動に注目してみることをおすすめします。

それでも解消されないなら、あえて関係性について聞いてみるのもアリかも。

(沙木貴咲/占い師)

(愛カツ編集部)

【前編】男性の星座別!彼はどんな交際の始め方をするタイプ?