とくに意識していなかった言動が、彼氏の心を響いていた……なんて展開は、決して珍しいものではありません。

ときに彼女のなにげない態度から、自分への深い愛情を感じ取る男性もいるのです。

そこで今回は、男性が感激した愛情表現を3つご紹介します。

ふとした瞬間に実感!男性が彼女の愛情表現に感動した3つのエピソード

なんでもない日にプレゼント

「デートの帰り際に、彼女から名刺入れをもらったんです。
誕生日とか記念日とかでもなんでもないのに……なんていい彼女なんだと再確認しましたね」(30歳男性/保険会社)

普通の日のちょっとしたプレゼントは、彼氏を感動させられる愛情表現のひとつです。

ここで重要なのは値段ではなく、その気遣いに深い愛情を感じるということ。

彼が好きなものや日常生活で役に立つものをリサーチして、さりげなくプレゼントしてみることをおすすめします。

渡すときには一言、あなたの愛情を言葉にしてあげれば、さらに喜んでくれるかも。

彼氏への信頼をアピール

「仲のいい女友達の話をしてたらテンション低くなっていったから、『まずいな~』と思ったんですよね。
そしたら、一言だけ『信じてるから』って言われて、めちゃくちゃうれしかったです。
そんな彼女のことを裏切るわけないですよ!」(25歳男性/公務員)

彼女がヤキモチを焼く姿に、かわいらしい印象を受ける男性は多いです。

しかし、あまりに嫉妬心をむき出しにすると、重たいと思われることも。

彼がほかの女性の話題を出したときは、ちょっぴり不安そうに「信じてるから」と言ってみてください。

肩や袖を軽く引っ張るなどの動作も加えれば、健気な姿に感激してもらえるはずですよ。

好きだから怒る

「ケンカの最中に、彼女になんで怒ってるのか聞いたら『好きだから怒ってるの!』って言われたんです。
うれしいのとかわいいので一気に怒りが収まったし、もっと好きになりました」(23歳男性/建設会社)

彼と険悪な雰囲気になったときは、「好きだから怒っている」ということを伝えてみましょう。

相手の怒りが自分を大切に思うからだと知れば、うれしさから不穏な感情が一瞬で収まることもあります。

さらに、彼女の一途な気持ちを実感することで、より2人のきずなが深まる可能性も高いです。

ムキになって怒りをぶつけるのではなく、相手を喜ばせてもっとラブラブな関係を築いてくださいね。

確かな愛情を心に届けて

愛情表現の方法は、ストレートな愛の言葉や大胆なスキンシップだけとは限りません。

重要なのは、「なにをするか」ではなく、相手の心に「なにを届けるか」だと言えます。

あなたの愛情をきちんと伝えることができれば、たとえなにげないワンアクションでも、彼はあなたに夢中になってくれますよ。

(愛カツ編集部)