誰しも、結婚相手にはそれなりの理想を抱いてしまうもの。

「優しい」「自分のことをわかってくれる」「経済力がある」など、人によって求めるものはさまざまですが、パートナーと自分の理想が両方叶えられていれば、幸せな結婚生活を実現しやすくなるはず。

そこで今回は、男性の星座別に、彼が考える理想の結婚相手の特徴を占いました。

前編に引き続き、今回はてんびん座(9/23~10/23)~うお座(2/19~3/20)をご紹介します。

【後編】男性の星座別!彼が思い描く理想の結婚相手の特徴は…

てんびん座(9/23~10/23)

てんびん座の男性は、自分のセンスのよさに自信を持っているタイプ。

自分なりにこだわった家の中を乱されることは好まないようです。

そのため、結婚相手には自分と同じようなセンスを持っていることを求め、デザイン性重視で家具を選ばせてくれる女性を理想としているのかも。

さそり座(10/24~11/21)

結婚後も、恋人時代と同じように愛情を感じたがる傾向が強い、さそり座の男性。

どんなに時間が経っても、一途に自分のことを好きでいてほしいのだとか。

さらに、その愛情を「あなたが好き」と表現してくれる人が理想の結婚相手であるはずです。

いて座(11/22~12/21)

いて座の男性は、アウトドア派で冒険っぽいことを好むところがあります。

恋人時代からアクティブなデートをしたがるけれど、結婚してからはまた違う角度でDIYやキャンプ、知らない街の探索などを楽しみたいと思っていそう。

理想の結婚相手は、自分と一緒にあちこちへ行ってくれる女性で、体力があるとよりよいでしょう。

やぎ座(12/22~1/19)

計画性抜群で、無駄のない生活を好みがちな、やぎ座の男性。

一緒に生活を送る結婚相手にも、確かな金銭感覚や無駄を省いた生活ができることを求めるのだとか。

そう言われるとレベルが高そうですが、単に無駄遣いをしない女性ならOKという可能性も十分にあります。

みずがめ座(1/20~2/18)

みずがめ座の男性は、交際中も結婚後も、自分だけの趣味や交友関係を大事にしたがる一面があります。

妻だけにかまっていることはできないので、自立している女性を理想とすることも。

経済的に自立していたらよりうれしいけれど、第一に精神的に自立していて、自分に依存しないことを優先するタイプと言えます。

うお座(2/19~3/20)

甘えん坊なところがある、うお座の男性。

2人きりのときは、子どものように甘えたがり、それを受け入れてくれる女性が理想の結婚相手なのでしょう。

ときには仕事の愚痴を「うんうん、大変だね、頑張れば大丈夫だよ」と聞いてくれることも求めるかも。

幸せに向けて理想を知る

結婚すると、それまでより長い時間をパートナーと過ごす以上、お互いの理想にかなう相手を見つけることが幸せの近道と言っても過言ではないはずです。

そのためには、自分の理想をハッキリさせておくことと同じくらい、好きな男性の理想を押さえておくことが重要。

彼の理想の女性に近づく努力を重ねて、幸せを手にしてくださいね。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)

【前編】男性の星座別!彼が思い描く理想の結婚相手の特徴は…