好きな男性とデートができたら、次の機会につなげてチャンスを広げたいもの。

そのためには、デートの別れ際で強い印象を残すことが大切です。

そこで今回は、男性が「また会いたい」と思うデート終盤のテクニックを3つご紹介します。

次につなげる!デートの別れ際で男性に「また会いたい!」と思わせる3つのテクニック

デートで買ったものをプレゼント

軽いものであっても、プレゼントは贈られた側に強い印象を残します。

別れ際でデート中に買ったものをプレゼントすれば、彼はあなたと過ごした時間を思い出しやすくなるはずです。

キーホルダーやお菓子など、ちょっと安価なもので、帰宅後もあなたの存在を意識させてみてください。

「今日の記念にあげる」と言って渡し、別れた後の帰り道でもキュンとしてもらえれば、「この子を手離したくないな」なんて思ってもらえるでしょう。

寂しさを素直に表現

デートの別れ際にときめかせるなら、「帰るのが寂しい」と素直に伝えてみるのもおすすめ。

デート終盤でまだ好意を抱かれていなくても、あなたの名残惜しさを知って、彼が影響を受ける可能性は高いです。

その日楽しかったことや、次にやりたいことを添えれば、自然と2人で過ごした時間を思い出し、同時にこれからの時間を想像してもらえそう。

言葉で「寂しい」と言われたことで、少なからず好意が芽生えた彼は「じゃあ、今度の日曜空いてる?」と次のデートに誘ってくれるかもしれません。

軽くスキンシップ

サラッとお別れの言葉を伝えて解散すれば、当然彼の心に引きずるような思いが残ることはないでしょう。

逆になにかしらの引っ掛かりを残すことができれば、彼は別れた後もあなたのことを考えてしまいます。

そこでおすすめなのが、手を握ったり、肩に触れたりといった、軽いスキンシップです。

気の利いた一言が思い浮かばなくても、彼はきっと気持ちをくみ取ってくれるはず。

あるいは、「あれはどういう意味なんだろう」とあなたのことを思い出す回数が増える可能性が高いです。

そうなれば、1人でいるときも相手のことを考えてしまい、次のステップに進みやすくなりますよ。

デートの終わりを印象深いものに

次のデートにつながる別れ際のコツは、彼にデートの余韻を残すことです。

そのためには、自分の気持ちを素直に表現したり、プレゼントを贈ったりという、具体的なアクションが必要になります。

まずは感情をストレートな言葉にして、彼の心をつかんでくださいね。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)