年の差カップルには、年齢差があるからこその利点がありますよね。

反対に、年齢差による悩みもあるはず。

今回は、男性が「年上の彼女に言われたくないこと」をご紹介します。

なにげない一言も、彼らにとってはショックな言葉なのかもしれません。

【年の差カップル】男性が「年上の彼女に言われたくないこと」

「かっこつけなくていいよ」

ほとんどの男性には「好きな人にはかっこつけたい」というプライドがあります。

その思いは、年上の彼女に対しても変わりません。

せっかくかっこつけようとしても、年齢を理由に断られてしまうとかなり傷つくんだとか。

男としての自信をなくしてしまうこともあるようです。

彼がプレゼントを買ってくれたり守ってくれたりしたときには、素直に喜ぶのがよさそうですね。

「分かったフリしないで」

女性が年上の場合だと、彼のことを弟のような目で見てしまうことがあるかもしれません。

仕事の悩みや愚痴をこぼしたときにアドバイスを受けたら、素直に受け入れられない場合も。

そんなとき、「分かったフリしないで」と跳ね返してしまうと、男性はかなりショックなんだとか。

彼女に追いつこうと頑張っている気持ちやプライドが、粉々になってしまうみたいです。

年下だろうと彼氏なので、尊敬する心を忘れないようにしましょう。

「私が幸せにするから」

年齢が上だと、社会的な立場や金銭的な面で彼氏より上になることもあるでしょう。

その場合に、「私が幸せにするから」と、養うような発言をされるとショックなんだとか。

彼にだって、男として彼女を幸せにする覚悟はあるはず。

それなのに「幸せにする」と言われると、自分が頼りにされていないように感じるようです。

結婚は2人でするものなので、年上だからといって気張りすぎないようにしましょう。

理想の関係は…

年の差カップルは、年下の方が立場が弱くなりがち。

とくに男性の方が下だと、プライドを傷つけられることがよくあるようです。

お互いに尊重し合って、嫌なことはすぐに嫌と言える関係が好ましいですね。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)