好きな人が自分のことをどう思っているのか、気になる女性は多いでしょう。

彼が自分に向ける好意に気付けたら、効果的なアプローチにつなげられそうですよね。

そこで今回は、男性の星座別に、彼が本命の女性だけに見せる好意のサインを占いました。

まずは前編として、おひつじ座(3/21~4/19)~おとめ座(8/23~9/22)をご紹介します。

男性の星座別!本命の女性に対する好意があふれた言動は…【前編】

おひつじ座(3/21~4/19)

おひつじ座の男性は、恋愛における言動から、子どもっぽい幼さが感じられるタイプ。

本命の女性のことが気になってしまい、なにもせず放っておくということができないようです。

いちいち話を振ったり、なにかとちょっかいを出したりと、暇さえあれば構ってくるのが好意のサインでしょう。

おうし座(4/20~5/20)

本命の女性を、交際前から大切に扱うところがある、おうし座の男性。

とはいえ、ほかにも人がいる場所で明らかな特別扱いをすることはなさそう。

2人だけで行動できるように計画し、相手の女性しか分からないタイミングでお金をかける可能性が高いです。

ふたご座(5/21~6/21)

ふたご座の男性は、情報通で広い人脈を持っている傾向にあります。

そんな彼が本命として意識する女性は、彼と同じくらいの情報強者みたい。

相手のことを物知りだと認めているからこそ、分からないことを聞きに行く相手として選ばれやすいのがサインと言えます。

かに座(6/22~7/22)

視野が広く、本命の女性の言動が目につきがちな、かに座の男性。

しかし、気に入らないことはあっても文句は言えず、すねることが多いのだとか。

めったに見ない子どものように不機嫌そうな態度の裏には、確かな好意があるのかも。

しし座(7/23~8/22)

しし座の男性は、自分がすごい存在だということをアピールしたがる一面があります。

とくに本命の女性の前では、周りを下げてでも自分を立派に見せようとすることも。

やたらとほかの男性をディスるのは、自分に注目させるためのアプローチの可能性があります。

おとめ座(8/23~9/22)

完ぺき主義なところがあり、本命の女性にも立派な人間であることを求めるタイプの、おとめ座の男性。

直すべきポイントについて厳しく説教する一方、最後には「でもいいんだよ」と甘い言葉を使うでしょう。

この矛盾こそ、彼が好意を抱いている証拠のはず。

彼の言動を観察して

好意のサインは、気を抜いていると見過ごしてしまうような、なにげない一瞬の言動であることも少なくありません。

気になる彼の思いをキャッチするには、普段からよく観察することが重要になります。

恋のチャンスを見抜いて、2人の関係進展に役立ててくださいね。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)

●【後編】男性の星座別!本命の女性に対する好意があふれた言動は…