2人きりの時間を満喫できるお家デートですが、回を重ねるごとにどうしてもマンネリ化しがち。

せっかくの彼とのデートは、いつだって素敵な時間にしたいですよね。

そこで今回は、お家デートのマンネリを解消するアイディアを3つご紹介します。

ちょっとの工夫でOK!マンネリ化したお家デートの魅力を高める3つのアイディア

部屋の模様替え

「俺の家でデートしてたとき、話の流れで部屋の模様替えをすることになったんですよね。
2人であれこれ言い合いながら作業してたら、なんか一緒に住んでるような気分になって新鮮でした」(26歳男性/アパレル)

家具の配置を2人で話し合ったり、大規模にやるなら新しい壁紙や絨毯の色を考えたりする時間は、新たな刺激として関係をリフレッシュしてくれるようです。

一緒に好みの部屋を作っていく中で、お互いの新たな一面を知れる他、同棲や結婚を想起することもあるでしょう。

パートナーについて詳しくなると同時に、共同作業で仲もいっそう深まるかも。

2人で料理をする

「いつも料理は彼女に任せきりなんですけど、この間『それじゃだめだな』って気づいて、彼女に『なにか手伝える?』って聞いたんです。
皿洗いとか野菜の皮むきとかをしながら『彼女と一緒になにかを作り上げる』という行為そのものが楽しかったですね」(32歳男性/建築)

料理に限らず、家事のスキルに差があると、一緒にやるより得意な人がサッとやってしまう方が効率的な場合は多いと思います。

しかし、ときには時間や効率を気にせず、2人で料理することをひとつのアトラクションのように捉えてみるのもアリですよ。

それまでと違ったことをすれば、相手の知らなかった姿を見つけられるはず。

昼からお酒を飲む

「恋人とお酒を飲むって言ったら、夜のイメージが強いですよね。
だからこそ、お家デート限定で昼間からお酒を飲むのがおすすめです。
まったりできるし、なんだか新鮮で楽しいんですよね」(30歳男性/食品)

交際がマンネリ化してくると、お家デートもなんとなくダラダラ過ごして終わり……となりがちかも。

どちらかが仕事で疲れていると、ただ寝てしまうこともありそう。

そんなときは、お互いが好きなお菓子を用意して、2人きりでお昼からお酒を飲むのもひとつの手です。

普段はしない話にじっくり時間をかけたり、映画を見たりするのもおすすめ。

また、日頃感謝や愛情を伝えられていない人は、お酒の力を借りて素直な気持ちを打ち明ければ、グッと愛が深まるでしょう。

普段とちょっとだけ違うことを

関係がマンネリになっているときは、いつもと少し違うことをしてみるのがポイント。

変化をつけにくいお家デートでも、考え方次第でいくらでも工夫できるようです。

2人に合った過ごし方を見つけて、いっそう関係を深めてくださいね。

(愛カツ編集部)