気になる彼とのデートをきっかけに、距離を縮めようと考える女性は多いと思います。

でもじつは、定番と言われるデートプランにも、相手の気分を下げてしまう可能性が隠れているようなのです。

そこで今回は、デート中の要注意ポイントを、3つのシチュエーションごとにご紹介します。

定番にも落とし穴が…気になる男性とのデートで注意すべき3つのシチュエーション

話題がなくて気まずい待機列

「元カノと付き合いたての頃にテーマパークに行ったんですけど、列に並んでいる間の会話が浮かばなくて、気まずい雰囲気になったんですよね。
正直飲食店の行列も苦手なので、あの手の待機列はかなり難関で……話題に困らないようななにかを準備してくれる子だとうれしいかな」(23歳男性/不動産)

デートでテーマパークに行くことを好まない男性の中には、待ち時間の話題に困ることを理由に挙げる人が少なくありません。

気まずい沈黙を避けるには、積極的に話を振れるよう、事前に準備しておくのがポイント。

「このあとどこでお昼食べる?」「最近面白いゲームアプリ見つけたんだ」など、状況次第で会話のネタを切り替えて、待ち時間を盛り上げてみましょう。

新しい靴で靴擦れ

「植物公園でデートしたとき、彼女に靴擦れができたので早めに切り上げることになりました。
彼女は新しいけどフラットな靴だから大丈夫と思ったみたいだけど、歩くのが分かってる日は履き慣れた靴で来てほしいですね」(24歳男性/薬剤師)

長時間歩くことが予想される公園デートでは、歩きやすさはもちろん、靴擦れしにくい履きなれた靴を選ぶこと大切です。

せっかくのデートでおしゃれしたい気持ちは理解できますが、実際に2人きりの時間を楽しいものにするなら、入念な準備は欠かせないはず。

買ったばかりの新しい靴は当然ですが、長距離を歩いたことのないものも意外とリスクが高いので要注意ですよ。

2人で買い物している感じがしない

「気になる子とショッピングデートに行ったとき、一緒に買い物してる感が全然なかったんですよね。
父親の誕生日プレゼント選びに付き合ったんだけど、俺が提案したものは却下されるし、どっちがいいか聞いてきたのに結局違うのを選ぶし。
その時間が終わるのも待ってるだけで、正直楽しくなかった……」(24歳男性/自動車メーカー)

気になる男性とショッピングに行くなら、彼の意見を参考にしていることが分かるふるまいが重要です。

聞かれたから答えたのに却下されたり、結局自分の好みで選んでいたりすると、男性のテンションは下がっていく一方でしょう。

2人で楽しむことを意識して、独りよがりにならないよう気をつけてくださいね。

事前準備でデートを盛り上げて

デートのシチュエーションとして定番のものでも、意外と要注意ポイントが潜んでいます。

事前の準備はもちろん、当日の気遣いも印象を左右する要素のひとつです。

ちょっとした工夫で楽しい思い出を作り、好きな人との仲を深めましょう。

(愛カツ編集部)