交際期間が長くなると、関係が落ち着いてきて、彼氏が家族のような存在になることも。

一緒にいて安心できるのはいいですが、スキンシップが減ると寂しいですよね。

でも、自分から「〇〇して」とおねだりするのは少し恥ずかしい……。

そこで今回は、「男性が思わず彼女を抱きしめたくなる瞬間」をご紹介します。

ドキドキ感を演出♡男性が思わず彼女を「抱きしめたくなる」瞬間

見つめられたとき

じっと見つめられると、ハグしたくなる男性が多いみたいです。

オススメはエレベーターのなか、個室の飲食店やカラオケ、ロマンチックなデートスポットなど。

そして、見つめるときは、頭のなかで7秒カウントしてみてください。

この「7秒」という時間が、いい緊張感をもたらすでしょう。

軽く触れたとき

座っているときに膝が当たったり、歩いているときに手が触れたり……。

「いまのってわざと?それとも偶然?」と迷うくらいの接触は、彼をドキドキさせるのにぴったり。

じれったい気持ちになり、ハグをしてきてくれるかもしれません。

軽く触れたあとに見つめれば、さらに効果がアップしそうです。

いたずらをされたとき

「いたずら」は、男心をくすぐるのに有効な手段の1つ。

待ち合わせ場所で後ろから腕に触れる、くすぐる、肩に触れてからそっと頬をつつく……。

定番ないたずらを使うことで、かわいく彼の心を揺さぶることができるかもしれません。

「笑顔」「無邪気さ」を意識するのがポイント。

かわいすぎるかまってアピールに、彼も思わず相手したくなるはずです。

髪に惹かれたとき

髪をかき上げたり、耳にかけたり、束ねたり、サイドに流したり……。

思わず髪に惹かれた瞬間に、ハグしたくなる男性もいるようです。

女性らしい部分を見て、異性として認識せざるを得なくなるのでしょう。

髪が揺れたときに、ケープやシャンプーの匂いが広がるようにするのもオススメです。

スキンシップを大切に♡

あまりにスキンシップがない期間が続くと、マンネリ状態になってしまうかもしれません。

そうなる前に、なにか工夫をしてドキドキ感を取り戻しましょう。

自分が試せそうなものから、実行してみてくださいね。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)