時間が合わなかったり、距離が遠かったりして、彼氏となかなか会えないこともありますよね。

会える頻度が低いと「このまま自然消滅しちゃうかも」と不安になることもあるはず。

そこで今回は、「愛が冷めないカップル」の特徴をご紹介します。

忙しい社会人カップルや、遠距離恋愛中のカップルはぜひ参考にしてくださいね。

会える頻度は関係ない?「愛が冷めないカップル」の特徴3選

不満を溜めこまない

会える時間が少ないと、2人でゆっくり会話することも減ってしまいますよね。

すると、言いたいことや不満があっても、なかなか言い出せない状況になりがちに。

ずっとストレスを抱えたままだと、いつか限界がきたときに一気に爆発してしまう可能性があります。

愛が冷めないカップルというのは、不満は溜めこまずにその場で言うことが多いようです。

お互いに思っていることを言い合い、理想の関係に近づいていくんだとか。

相手基準で考える

愛が冷めない仲よしカップルの特徴として、「いつでも相手基準で考えること」が挙げられます。

たとえば、プレゼントを贈るときに、自分がなにをあげたいかではなく、相手がなにが欲しいかを考えるなど。

どちらかが自己中心的だと、いいバランスが保てません。

お互いにお互いを第一優先することが大事なのですね。

ただし、「私を優先してよ」と自分から言うのは、愛が冷めるきっかけにもなりかねないので注意してください。

感謝の気持ちを言葉にする

どんなに仲がよくても相手への感謝をきちんと言葉にするカップルは、愛が冷めにくいようです。

普段の付き合いのなかでも、相手があなたのためにしてくれていることは、必ずどこかにあります。

それを当たり前だと思ったり、わざわざ言わなくてもいいと考えたりすると、関係が悪化してしまうかも。

感謝の気持ちはきちんと言葉にしないと、相手にしっかりと伝わらないことが多いです。

「親しき仲にも礼儀あり」を意識して、感謝の言葉を忘れないようにしてくださいね。

愛を冷まさないために…

愛が冷めないカップルは、普段のなにげないことを大切にしているようですね。

会える頻度が低い場合、彼との関係性や自分の気持ちを考え直す時間がたっぷりあるはず。

1人の時間が確保できるこのチャンスを、ぜひ活かしてみてくださいね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)