普段仲良しなカップルでも、ときにはケンカをします。

でも、そのときになにげないひと言が、別れのきっかけになることもあるでしょう。

今回は、男性たちに「ケンカ中に言われたくない言葉」を聞いてみました。

冷静になれないタイミングであっても、別れを招く言葉は控えましょう。

この記事では、【呆れた気持ちになる言葉】をご紹介します。

「謝れ」

「なんでそんなに怒ってんの?上からすぎね?」(29歳男性/不動産)
「ケンカなんて2人とも悪いからなるんじゃん……自分はどうなの」(26歳男性/銀行)

相手に原因があるケンカだったとしても、謝罪を要求するのは逆効果です。

強要されることで、さらに反発するかもしれません。

男性が納得できていないうちにストレートに「謝って!!」と言うと「何様だよ」というあらぬ反撃を受ける危険性もありますよ。

「別れよう」

「そうだね!それでいいと思う!」(34歳男性/IT)
「そう言えば思い通りになると思ってる?」(25歳男性/フリーランス)

このひと言、ケンカ中は禁句です!

試し行動とわかっていても、口に出された時点で、もう気持ちが別れに向いてしまうでしょう。

彼の気持ちを引き留める効果もあるかもしれませんが、やっていることは脅迫と同じ。

だんだん気持ちが、冷めていきますよ。

「実現したら困ること」で、人の気持ちを試すのはやめたいものです。

「最初から好きじゃなかった」

「えっ……『無』じゃん」(23歳男性/学生)
「これ言われたらどうでもよくなる」(26歳男性/通信)

ケンカ中は気持ちが高ぶって、心にもないことを言いがちです。

しかし、言われた男性は「いままでなんだったの?」と思ってしまうでしょう。

築き上げてきた信頼関係も、一気に崩れてしまいます。

ケンカ後に仲直りしても、元通りの関係に戻るのは難しくなるでしょう。

攻撃を目的にしないで

破局を招くようなひと言が出てしまう原因は、ケンカの目的が「相手を攻撃すること」になっているからです。

2人の気持ちのすれ違いを埋めるケンカならいいですが、お互いを傷つけることを目的にするのは止めましょう。

ケンカは「最終的には2人の仲が深まるためのもの」だと、忘れずにいたいものですね。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)

まだまだある…男性に聞いた「ケンカ中に言われたくないひと言」3選【バカにされた気分になる言葉】