普段仲良しなカップルでも、ときにはケンカをします。

でも、そのときになにげないひと言が、別れのきっかけになることもあるでしょう。

今回は、男性たちに「ケンカ中に言われたくない言葉」を聞いてみました。

冷静になれないタイミングであっても、別れを招く言葉は控えましょう。

この記事では、【バカにされた気分になる言葉】をご紹介します。

言ったら最後…男性に聞いた「ケンカ中に言われたくないひと言」3選【バカにされた気分になる言葉】

「元カレは○○してくれたのに」

「その元カレとやらと末永くお幸せに……って思います」(28歳男性/メーカー)

ケンカは自分たちの問題なのに、なぜ元カレの話をするの?と思うようです。

関係ない人物を出されたら、不快感はマックスになるでしょう。

元カレに敵意を感じやすい男性ならなおさらです。

自分との比較対象にされることで、気持ちが一気に冷めてしまうでしょう。

「どうせ浮気してるんでしょ?」

「どうせってなんだよ」(25歳男性/編集)
「自分が浮気してるからそういう発想なんだろ」(30歳男性/販売)

たとえ彼の浮気を疑っているとしても、証拠もない段階でこのような発言をするのはNGです。

「浮気なんて普通は思いつきもしないのに、簡単に口に出すのは、自分がそういうタイプだからだ」と、あらぬ疑いをかけられるかもしれません。

「まあ、言ってもわかんないか」

「彼女が必要以上に怒ってると感じて、『なにがダメなの?』と聞いたら言われた。
バカにしてるよね?」(32歳男性/アパレル)

イライラしているときほど、相手を見下して優越感を得ようとする人も少なくないでしょう。

しかし、仲直りしたいなら、そのような態度は取らないように気をつけて。

このひと言によって、自分がなにに対して怒っているか伝わらなくても、「彼女は自分を見下している」ということだけ伝わってしまいますよ。

攻撃を目的にしないで

破局を招くようなひと言が出てしまう原因は、ケンカの目的が「相手を攻撃すること」になっているからです。

2人の気持ちのすれ違いを埋めるケンカならいいですが、お互いを傷つけることを目的にするのは止めましょう。

ケンカは「最終的には2人の仲が深まるためのもの」だと、忘れずにいたいものですね。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)