LINEで親密な雰囲気を作れているのに、いつまでもデートに誘われないと、不安になってくる女性もいると思います。

でももしかすると、相手の男性が奥手なだけで、彼なりに好意のサインを発しているのかも。

そこで今回は、奥手な男性が本命の女性をデートに誘いたがっているサインを4つご紹介します。

奥手な彼なりのアピールかも!本命の女性をデートに誘おうとしている男性の4つのサイン

「時間がある」アピール

好きな人とデートしたくても、自分から誘うことはできない奥手な男性は、なんとか相手に誘ってもらおうとしがち。

そのため「週末はいつも暇なんだよね」「1日ゴロゴロして終わったー」など、時間があることをアピールするようです。

よく話す彼から、暇なことをアピールするLINEが届いたら、あなたに会いたがっている可能性は高いはず。

食事に誘ってみれば、断られることはまずないと言えます。

食べ物やお酒の好みについて聞く

LINEで好きな食べ物やお酒の話題を振られた場合、そこからデートの誘いにつながることは少なくなりません。

ただ、相手の男性が奥手だと、好みだけ聞いて肝心の「食事に行かない?」が言えない……なんてこともあるみたい。

気になる彼が奥手かもと思ったら、食事の話題になった段階で「よかったら今度食事行きましょうよ!」と誘ってしまうのもアリです。

ときに女性がリードすることで、意外と簡単に関係が進展するかも。

デートスポットの話題を振る

デートスポットの話題を男性が振ってくるのも、本命サインの可能性が高いもの。

興味のない女性に対して、自分から恋愛方面の話を始めることはまずありませんよね。

漠然と「何年も遊園地行ってないなー。行きたいんだけど、彼女いないからさぁ」などと言ってくるなら、あなたへの好意のアピールで間違いないはず。

「じゃあ一緒に行く?」さえ言えれば、すぐにデートできるでしょう。

「彼女いない」を強調

彼女がいないことを強調する言動は、遠回しに「彼女募集中!俺、彼氏としてどう?」と伝えている場合が多いです。

もちろん相手のことが好きじゃないならスルーしてOKですが、気になるならあなたから距離を縮めてみてOK。

頼もしさという面では不安が残るかもしれませんが、主導権を握って自分のペースで恋を続けることも可能ですよ。

振り回される恋愛に浸かれた人にとっては、案外奥手な男性は狙い目と言えるかもしれませんね。

自分から行動するのもアリ

ひんぱんにLINEでやり取りするのに、なかなか関係が進展しないとき、彼の好意のサインを見逃している可能性があります。

単に勇気が出なくて誘えないだけで、彼の中に好意が十分高まっている場合もあるはず。

たまにはあなたからアクションを起こして、2人の関係に刺激を加えてみましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)