気になる男性へのアプローチとして、ボディタッチが有効だと言われています。

しかし、男性によっては触れられたくない場所もあるようです。

せっかくのアプローチが逆効果になってしまうのは避けたいもの。

今回は、「男性が嫌がるボディタッチ」を3つご紹介します。

【むしろ逆効果かも?】男性が嫌がる「ボディタッチ」3選

顔を触られる

「友達に紹介してもらった子とデートに行ったとき、急に顔を触ってきたんですよ。
一瞬なにされたかわからなかったけど、ゾッとしましたね。
アリだなって思ってただけに残念でした」(30歳男性/IT)

顔は体のなかでも重要な部分。

脈絡もなく触られると、怖いと感じる男性も多いようです。

「彼女に触られるのも嫌だ」という声もありました。

なにか理由がある場合でも、「髪の毛ついてるから取るね」など一声かけるといいでしょう。

しかし、アプローチのためのボディタッチには向かないので、避けたほうが無難です。

腰を触られる

「合コンで出会った子が、こっそり腰に触れてきて嫌でした。
付き合ってもないのに……って引きましたね。
どんなにタイプでも、恋愛対象外になっちゃいます」(24歳男性/飲食)

腰に触るとなると距離も縮まりますし、過度なボディタッチになりやすいようです。

また、腰を触られるのは、「露骨すぎて引く」という意見もありました。

男性によっては、「軽い女性だな」と感じる方もいるでしょう。

真剣な交際を目指すのであれば、避けた方がよさそうです。

急に手を触られる

「飲み会で、急に手を触ってきた女性がいたんですよ……。
積極的過ぎて本当にびっくりしました。
あざといなって感じたし、ドキッとするどころかドン引きしましたね」(28歳男性/広告)

ボディタッチをするときに、手は触れやすい部位の1つかもしれません。

しかし、不自然なタイミングで手を触られるのは嫌だ、という意見が多くありました。

確かに、なんの脈絡もなく手を触られたら警戒してしまいますよね。

ものを受け渡すときなどにさりげなく触れれば、自然なボディタッチになるでしょう。

ボディタッチは控えめに

適切なボディタッチは、気になる男性へのアプローチとして有効です。

しかし、マイナスの印象を与えることもあるので注意が必要。

まずは、少しずつ距離を縮めてみて。

さりげないボディタッチの方が、自然と意識してもらえるはずですよ!

(愛カツ編集部)