人それぞれ異性の好みがあるように、恋人との付き合い方にも理想があるはず。

気になる男性が求める恋人関係の形を知っていれば、幸せな交際につなげやすくなるでしょう。

そこで今回は、男性の星座別に、彼が「甘えたい派」か「甘えられたい派」かを占いました。

前編に引き続き、今回はてんびん座(9/23~10/23)〜うお座(2/19~3/20)をご紹介いたします。

男性の星座別!彼は恋人に甘えたい派?甘えられたい派?【後編】

てんびん座(9/23~10/23)

【甘えたい派】

てんびん座の男性は、人間関係のバランスをとり、円滑にまわすのが得意なタイプ。

甘えるのも甘えられるのも上手にこなせるけれど、彼女には甘えたい派のようです。

確かな信頼と愛情を持って付き合いたいと思っているからこそ、広い心で甘えさせてくれることを求めるのでしょう。

さそり座(10/24~11/21)

【甘えられたい派】

他人になかなか心を開かない、用心深いところがある、さそり座の男性。

彼女に甘えられることで、自分への信頼を実感して「自分も信頼していいんだ」と思うみたい。

甘えたい気持ちもあるので、関係が深まると甘える場面も出てくるけれど、初めのうちは甘えられたいはずです。

いて座(11/22~12/21)

【甘えたい派】

いて座の男性は、生まれながらに甘え上手な傾向が強いです。

甘えているという自覚がないまま、彼女に甘えることもありそう。

自分がしたいようにふるまっているだけなのに、自然と甘える行動になっているのかも。

やぎ座(12/22~1/19)

【甘えたい派】

生真面目な性格で、理由もなく甘えられるとイラッとしがちな、やぎ座の男性。

自分から甘えることは得意ではないけれど、彼女には思う存分甘えたいのだとか。

ストレスを溜めこみやすいからこそ、彼女に癒やされたくなる可能性が高いです。

みずがめ座(1/20~2/18)

【甘えたい派】

みずがめ座の男性は、性別に関係なくフラットに対応する一面があります。

友達には甘えるのも甘えられるのも気さくに応じるけれど、じつは彼女に対してだけ、自分の好きなように接したがるみたい。

普段器用に立ち回っている分、彼女には思うままに甘えたいのでしょう。

うお座(2/19~3/20)

【甘えたい派】

12星座の中でも、とくに甘えん坊なタイプの、うお座の男性。

周りの雰囲気に影響されて傷つくことが多く、彼女に甘えることで癒やしを得ようとするはず。

存分に甘えられる関係も嫌いではないけれど、男らしく彼女を受け止めるよりは、お互いに甘え合うのが理想と言えます。

理想の付き合い方を実現して

誰しも、恋人との理想の付き合い方や関係性を抱いているもの。

気になる彼がどんな交流を望んでいるかを押さえれば、アプローチに活かすこともできそう。

彼との関わり方に取り入れ、お互いが幸福感を得られる付き合い方を確立してくださいね。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)