刺激的な夏が終わって、秋が到来。

秋は運気の変わり目のシーズン。

トラップやトラブルにハマることなく、スムーズに新しい流れに乗りたいですよね。

そこで、12星座別にこの秋あなたが一番「注意すべきポイント」を占いました。

今回は前編に引き続き、てんびん座(9/23〜10/23)〜うお座(2/19〜3/20)のご紹介です!

てんびん座(9/23~10/23)

【ムダ遣い】

この秋のてんびん座は、少し財布のヒモが緩んでしまうみたい。

とくにいいなと思うと、買わずにはいられなくなりがちなので、注意しましょう。

ブランドショップやバーゲンなどものぞかないほうがよさそう。

さそり座(10/24~11/21)

【体調管理】

一途で好きなことに熱中しやすいさそり座。

夢中になれることに出会えるこの秋は楽しい反面、不眠不休で熱中してダウンする心配も。

この秋一番注意すべきポイントは、体調管理。

よく遊んだら、よく休むをモットーに。

いて座(11/22~12/21)

【掃除】

ラフないて座は、片付けも大雑把。

この秋は、急に大切な人が家に遊びに来たいと言い出して、慌てる場面があるかもしれません。

週に1度は片付けタイムをつくり、つねに部屋をキレイに整えましょう。

キレイな部屋には待ち人もやってきますから、マメに掃除を。

やぎ座(12/22~1/18)

【読書】

この秋のやぎ座は、幅広い知識を問われる場面があるかもしれません。

いざというとき慌てなくて済むよう、日頃から読書に励みましょう。

ネットのニュースやトレンドにも目を通しておくと、きっと役立つはず。

みずがめ座(1/20~2/20)

【焦ってムダに動く】

この秋はこれまでトントン拍子だったことが滞り始めたり、ストップがかかったりするかも。

だからと焦って動くと、すべてムダうちになり、さらに袋小路にハマりそう。

堂々と構えて待っているのが一番です。

うお座(2/19~3/20)

【筋トレ】

筋力を鍛えることは運を鍛えることにつながります。

この秋は、アクティブに動く機会が増えそうなうお座。

しっかり筋トレに励んで鍛えておかないと、せっかくのラッキーウェーブに乗り損ねてしまうかも。

いい秋を過ごすために!

開運のためになにをすべきかわかったら、迷わず行動に移りましょう。

ダラダラしていてはチャンスをキャッチし損ねます。

思い立ったら吉日をモットーに、実りある秋を過ごしてくださいね!

(涼月くじら/占い師)

(愛カツ編集部)

おひつじ座〜おとめ座がこの秋注意すべきなのは?