LINEでアプローチしようと思っても、やり取りが上手く続かなかったり、返信がなかなか来なかったりすることもあるでしょう。

もしかしたら、男性が返信しにくいと思うメッセージを送っているからかもしれません。

今回は、そんな男性が「送られてくると困るLINE」についてご紹介します。

この記事では【返しにくいメッセージ】について取り上げます。

社交辞令っぽいメッセージ

LINEのやり取りを重ねていくと、どうしても社交辞令っぽい返信をしてしまうことがあるでしょう。

男性たちのほとんどは、そんな女性からの社交辞令に振り回される経験をしているみたいです。

同じ失敗を踏まないよう「社交辞令かもしれない」と思ったLINEには、無難に返信してしまう男性が多いようです。

「今度ご飯に行きましょう!」「また飲みましょう!」「モテそうですね」「〇〇さんみたいな彼氏は素敵」

こうした前向きな発言も、男性目線では社交辞令に見えてしまう可能性があります。

文面で本心を探ることは難しいので、ハッキリ具体的なメッセージを送ることが大切。

「気になるお店があるので一緒に行ってもらえませんか?」「〇日と〇日が空いているのですが、飲みに行きませんか?」

このように、確実に意図が伝わる言葉を使った方が、すれ違いは回避できます。

自虐っぽいメッセージ

LINEでは、相手の表情や細かなニュアンスを察することができません。

そのため、笑っていいのか迷う冗談が届けば、返信を迷ってしまうでしょう。

たとえば、「私かわいくないから」「太ってるから」「オッサンみたいだから」など。

こうしたメッセージが冗談っぽく送られてくると、心優しい男性ほど、女性の気持ちを考えすぎて悩みます。

もしも男性が「そんなことないよ!」と返してくれたとしても、それは果たして、男性から見て楽しいやり取りでしょうか?

LINEではすれ違いを防ぐため、ストレートに意図が伝わる明るい表現を心がけるのがベター。

安心して返信できる内容を送ると、相手も楽しくLINEを続けることができるでしょう。

返信が来ないと思ったら…

男性から返信が来ないと思ったら、まずは自分が送ったLINEの内容を振り返ってみましょう。

もしかしたら相手が困るメッセージを送っているかもしれません。

メッセージを送る際には「相手から見てどう感じるか」を重視してみてくださいね。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)