LINEでアプローチしようと思っても、やり取りが上手く続かなかったり、返信がなかなか来なかったりすることもあるでしょう。

もしかしたら、男性が返信しにくいと思うメッセージを送っているからかもしれません。

今回は、そんな男性が「送られてくると困るLINE」についてご紹介します。

この記事では【送ってほしくないメッセージ】について取り上げます。

やり取りが続かない…男性に聞いた「返信に困るLINE」の内容【送ってほしくないメッセージ】

やたら多い相談LINE

相談することで、お互いの距離感がグッと縮まることもありますよね。

恋愛においても相談をきっかけに進展するケースは数多く、上手に男性を頼るのは効果的です。

ところが、LINEを使って複雑なやり取りをするのは、手間がかかってしまうもの。

その回数が多いと、男性によっては返信を後回しにしてしまう人もいるでしょう。

説明がむずかしい相談は、電話をするか、直接会って話してみてくださいね。

声や表情などの情報があった方が、男性は相手の気持ちが分かって対応しやすいはず。

また、直接話した方が感情移入するため、恋愛面での効果もアップします。

共感を求める報告LINE

女性は男性に比べ、コミュニケーションで「共感」を重視する人が多い傾向が見られます。

一方で、男性の多くは理論的な思考が強く、共感を必須としません。

これにより、女性から共感を求められても、期待どおりのリアクションが取れないケースが多いのです。

SNSのような感覚で、画像や今日あった出来事を送られても、男性は「だから?」となってしまいます。

共感を重視する女性からすると、冷たい印象に映り、お互いに微妙なムードに。

ここですれ違いが起きると、せっかくのLINEが、恋愛に対してマイナス効果になります。

LINEでは男性が関心を持てる話題を選び、共感ありきの内容にしないことを意識しましょう。

返信が来ないと思ったら…

男性から返信が来ないと思ったら、まずは自分が送ったLINEの内容を振り返ってみましょう。

もしかしたら相手が困るメッセージを送っているかもしれません。

メッセージを送る際には「相手から見てどう感じるか」を重視してみてくださいね。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)