気になる男性との初デートでは、いつも以上に気合を入れて準備をする女性も多いと思います。

けれど、その気合がときにネガティブな印象につながることもあるのです。

そこで今回は、初デートにありがちな失敗を4パターンご紹介します。

気合の入り過ぎには要注意!初デートにありがちな失敗4パターン

ブランドものばかり身につける

高級ブランドのアイテムに身を包んでいる女性を、敬遠する男性は少なからず存在します。

将来の交際や結婚を想像したときに、「お金がかかりそう」というイメージを与えやすくなるのかも。

自分の好きな格好をすることは大切ですが、初デートでは清潔感を意識したうえで、カジュアルさを取り入れるのがおすすめ。

親近感や好印象を抱かれやすく、次のデートにつながる可能性も高まるでしょう。

濃すぎるメイク

自分をきれいに見せようと、メイクに気合を入れたくなる気持ちは理解できます。

しかし、アイシャドウやマスカラが濃すぎると、厚化粧な印象になり、逆に距離を置かれてしまうことも。

目だけに意識を向けるとメイクが濃くなりやすいので、大きな鏡で全体のバランスを見ながら調整することが重要です。

ナチュラルメイクを心掛け、やりすぎを防いでくださいね。

年相応でない服装

男性により魅力的に見られるためには、服装選びも気を抜けないポイントです。

けれど、男性が思う「きれい」や「かわいい」に寄せることを優先した結果、年相応でないファッションになるのは避けた方がいいかも。

いつだって服装は「自分に合っている」ことが最重要。

相手にマイナスなギャップを与えるよりは、実年齢―3歳くらいのコーディネートに抑えるのが無難と言えます。

ハイヒールで身長差がなくなる

デートの際、足を長く細く見せる効果を期待して、ハイヒールを選ぶ女性は少なくないと思います。

ただ、自分の身長にコンプレックスを持っている男性がいるのもまた事実。

女性がハイヒールを履くことで身長差がなくなり、身長の低さが目立つことを嫌う場合もあるのだとか。

コーディネートを考えるときは、自分の魅力を高めることやデートの内容に合っていることはもちろん、相手と並ぶシーンを想像してみることも大切です。

相手に合わせてバランスをとって

同性の友達と遊びに行くときは気にならないのに、男性とのデートでは途端に意識してしまうポイントもあるでしょう。

なにより大切なのは、気になる彼と2人で過ごす時間が楽しいものになること。

相手に合わせてバランスをとりつつ、素敵なデートにしてくださいね。

(斎藤奈々子/ライター)

(愛カツ編集部)