好きな人との心の距離を縮めるうえで、スキンシップは非常に効果的な手段です。

じつは、スキンシップの第一歩とも言える「手をつなぐ」に関しても、男性の心を大きく揺さぶれるのだとか。

そこで今回は、手のつなぎ方で好きな男性をドキッとさせる方法を3つご紹介します。

ロマンティックな雰囲気を♡男性をドキッとさせる手のつなぎ方3選

小指だけつなぐ

しっかり手をつながず、お互いの肌が触れ合う部分をあえて最小限にすることで、男性のドキドキ感を高めることは可能です。

指切りげんまんのように小指だけを絡ませると、お互いの存在に対する意識も高められるかも。

また、彼と手をつないだことがない女性にも、大胆なアクションという雰囲気がないので取り入れやすいはず。

ためらいがちに触れさせれば、さらにドキドキ感を煽り、彼との距離をグッと縮めるきっかけになる可能性もありますよ。

無言で手を差し出す

言葉を使わないことで、ときに心へ訴えかける力が強くなることもあります。

なにも言わず、「手をつないで!」とばかりに手を差し出すのも、男心を揺さぶるには効果的。

彼の目を見つめながら手を差し出し、甘えようとする子どものような彼女のふるまいに、キュンとする男性も多いでしょう。

友達以上恋人未満の関係でも、すでに交際中でも実践しやすく、仲を深めやすいのでおすすめです。

「疲れたからひっぱって」

「疲れた」という分かりやすい口実で、手をつなごうとするあざとい行動も、男性の心を刺激できるスキンシップのひとつ。

目的は明確なのに、素直でないツンデレっぽい感じに弱い男性も少なくありません。

とはいえ、言い方や彼に求める内容次第では、ワガママな印象につながる可能性もあるので要注意。

感情的な言い方は避け、笑顔で甘えるように伝えるのがポイントです。

明らかに疲れていなさそうな、明るい表情で言ってしまってもいいでしょう。

彼が好む雰囲気を意識して

女性が思っている以上に、ロマンティックなシチュエーションに心を揺さぶられる男性も多いようです。

ちょっとした女性のニュアンスやテンションに気分が左右されるからこそ、手をつなぐという1つのスキンシップにも雰囲気を大切にしてくださいね。

彼の好みに合わせて言い方を調整すれば、お互いの愛情をさらに深められるかも。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)