冬はあたたかな恋の季節。

これまで考えられなかったような、うれしい恋の展開も期待できるかもしれません。

ここがチャンスだと感じたら、思い切って飛び込んでみるのもアリでしょう。

そこで今回は、女性の12星座ごとに「あなたの恋愛の予報」をご紹介いたします。

前編に引き続き、てんびん座~うお座のご紹介です。

星座占い♡この冬どうなる?あなたの「恋愛の予報」【後編】

てんびん座(9/24~10/23)

恋愛面でうまくいかない事があったとしても、友人などからアドバイスをもらえて結果として気づきが得られる暗示です。

合コンや紹介によって、いい出会いがもたらされる兆しも。

この冬はグループで恋を勝ち取ることができる時期です。

また、カップル運は上々です。

さそり座(10/24~11/22)

気になる相手とすれ違いが起きてしまう恐れが。

でも、これは一時的なものに過ぎません。

心を軽くして、必要以上に思い詰めないようにしましょう。

今後、相手の方から声をかけてもらえる機会があるので、それほど心配はいりません。

いて座(11/23~12/21)

好調なコンディションの流れが変わるとき。

この冬は楽しく過ごす気持ちが、あなたの魅力を高めてくれるでしょう。

デートをするなら2人で楽しめるもの、たとえばゲームや映画鑑賞などが充実した時間をもたらしてくれるはず。

シングルのあなたにはいい出会いがあるでしょう。

やぎ座(12/22~1/20)

この冬は気になる相手や恋人に対してシャイになってしまうかも。

少しだけ勇気を出して挨拶をしてみましょう。

オドオドしていると卑屈っぽく映ってしまいイメージダウンに。

相手にどう思われているか心配せずに、どう思わせたいかに意識を向けましょう。

みずがめ座(1/21~2/18)

あなたから相手に誘いを掛けても、なかなか都合が合わないかもしれません。

アクションを起こして反応がないと、少し落ち込んでしまうかも。

そうならないためにも、相手がいつ空いているかを前もってチェックしておきましょう。

まずこの冬のスケジュールをチェック!

うお座(2/19~3/20)

慎重さが大切なので、「石橋を叩いて渡る」気持ちで恋に臨みましょう。

関係を進展させることよりも、関係の維持にエネルギーを割いた方が吉です。

そうすれば、相手のほうからここ最近の悩み事や心配事を打ち明けてくれる可能性があります。

後は向こうからのめり込んでくれるはず。

恋愛にも洞察力を働かせて

この冬の星回りは、水星・冥王星・土星の3惑星が順行へと至ります。

まだ本調子という訳にはいきませんが、11月24日まで粘れば光が見えてきます。

重苦しいムードからは解放されるでしょう。

ただし、良い流れに乗り出したことに対し調子に乗ってはいけません。

一見すると発展しているようで、水面下に大きな問題の種が隠れているかも。

恋にも洞察力を働かせることが大切に。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)

【前編】星座占い♡この冬どうなる?あなたの「恋愛の予報」